鼻に出来るニキビの原因と正しい対処方法

不規則な生活を送っている方は、普通に過ごしているだけでもニキビが発生しやすいものです。

特にこれら食生活の乱れや睡眠不足などを抱えた状態を、思春期の学生の方が行なっていた場合、その時期特有のただでさえニキビができやすい環境に加えてこれらの状況が重なると、かなりの確率でニキビが発生する可能性があります。

もし今ニキビができていないという方でも、明日の朝起きた時には突然ニキビが発生しているなんてことも全く珍しくないのです。

そしてニキビができるとしたら、できやすい場所から発生する可能性が非常に高いので、顔の中で一番ニキビに気をつけて事前に対策をしておいたほうがいい場所は、鼻です。

顔には他にもニキビができやすいと言われている場所がありますが、鼻に特別気をつける理由は、周りから見た時に顔を見てニキビができていることが一目瞭然でわかってしまう、言ってしまえば顔の中でも一番ニキビが目立つ場所にできたニキビを改善する方法をここで説明していきたいと思います。

1、鼻にニキビができる原因

まずは、顔の中でもニキビができやすいと呼ばれている場所は複数ありますが、その中でもなぜ鼻にニキビができやすいのでしょうか。

まず、顔の中でニキビが年齢に関わらずできやすいのはTゾーンだったり、おでこだったりという場所になるのですが、これらの場所に共通しているニキビの原因となっているものは、皮脂の分泌量が顔の他の部分よりも多いことです。

そして、今回はなぜその中で鼻をピックアップしているのかというと、鼻という部位が、頬やおでこなどと比較しても皮脂の分泌量が非常に多い場所だからです。

そして、その鼻という部位の形の特性上、洗顔を行なった際にその洗顔が肌の隅々まで行き渡っていなかったり、鼻の付け根などについた汚れをしっかり落とせていなかったりするので、皮脂の過剰分泌と合わせてニキビが非常にできやすい環境となってしまっている可能性が高いです。

また鼻というのは、鼻をかんだりする際に花粉症などの時期に強くかみすぎたり、鼻をかむ回数が多くなってしまうと、それによる接触摩擦によって鼻の肌が炎症を起こしてしまい、ニキビの原因となってしまうことも非常に多いのです。

2、鼻にニキビができた時に初めにするべきこと

そんなニキビができやすい環境である鼻に、実際にニキビができてしまったとしたら、あなたはどんな改善方法をとりますか?

まず、鼻にできたニキビも他の場所のニキビと同じに考えるということをしてしまい、鼻のニキビのケア自体をおろそかにしてしまうことで、ただでさえ目立つ鼻のニキビが、さらに内部で炎症を引き起こしてしまうことにつながってしまいます。

鼻にニキビができてしまった際にまず初めにやるべきことは、ニキビができた鼻をしっかり観察して、現状はただのニキビが発生している初期段階の症状なのか、それとも鼻の深い部分にまでニキビの症状が届いてしまっているのかを確かめることです。

確認した際、まずニキビの炎症が原因となって患部が腫れ上がってしまっている場合は、正しいスキンケアで肌の状態を清潔に保つようにしましょう。

そうして肌の状態を清潔に保っている状態でなければ、今後行うどの対策の効果も十分に発揮される可能性が非常に低くなりますし、たとえ効果が実感できたとしても、そのあとすぐに症状が再発してしまうということになりかねないからです。

その上で、確かめた結果がニキビの初期症状だった場合は、特に他には何も意識することなく、肌を清潔に保つことを継続するだけでも十分な効果を得ることができます。

そして、もしあなたが現在の鼻にできているニキビの症状を根本からしっかり改善したいという場合には、上記と同じようにまずはあなた自身の肌の洗浄をすることで、自然で清潔な状態の肌で現在できている鼻の厄介なニキビ症状についていけない、なかなか症状が治らないという状況に対してしっかりと対策をして、そこから原因に沿ったニキビの改善を行なって行きましょう。

3、鼻にニキビができた時の正しい対処方法

ニキビができる原因となる肌の状態を、上記のように清潔に保てテイル状態にできたら、次のステップに進みましょう。

鼻にニキビができているということは、上記で説明したような原因が多かれ少なかり何かあると思われます。

ニキビができる前や、ニキビができてしまっている今現在の鼻周りの状態今一度調査し、思い返して見ることで些細なことでもニキビの原因となったことをまずあなた自身が考えて見ましょう。

もしかしたらこれかもしれない・・・という原因に見当をつけることができたという方は、真っ先にその原因を絶つもしくは改善して見ましょう。

肌に効果が反映されるまでにはある程度の時間がかかると思いますが、原因に対する対策があっている場合には少なくとも対策を始めた現状よりも肌の状態が悪化するということはなくなるはずです。

また、原因に対する正しい対策を早い段階で打つことによって、鼻にできたニキビの影響を最小限に抑えることにもつながるので、ニキビが治った後に患部がいちご肌になってしまったりすることを防ぐことにもつながります。

4、鼻にニキビを作らないためにするべきこと

ここまで、鼻にニキビができた際にとるべき行動を確認してきましたが、ニキビができたら対処するという後手後手の状態では、ニキビを本当の意味で解決することにはつながりません。

ニキビができたら対処するではなく、ニキビができないように予防するというのが理想的なニキビの改善方法です。

普段から不規則な生活を送っている方は、ご自身の生活習慣を中心に改善していくことが重要となる可能性が高いですが、それと同時にほとんどの方に共通することは、洗顔や保湿などの肌の状態に関することです。

これは洗顔料や化粧水や保湿液を使用する方もいらっしゃるとともに、1人1人で肌に合うもの合わないものが異なるので、このような肌状態を保つことが一番難しいこととなっている可能性があるのです。

自分にあったものなかなか見つからない・・・肌はスッキリした感覚はあるけど、少しピリピリして刺激が強くて自分に合っているのかわからない・・・という方は一度プロアクティブ+を使用して見てください。

プロアクティブ+にはそもそもニキビに悪いものが入っていないので、肌の状態をこれ以上ない状態に保つことができるとともに、多くの人が疑心暗鬼にならずに安心して使用することができるニキビケア方法です。