治らないニキビの原因となる食べ物

今の世の中で生活していると、社会人・学生に関わらず、どうしても生活リズムが崩れてしまいがちです。

そして、体の生活リズムが乱れてしまうことで、食生活のリズムも必然的に乱れてしまいがちになってしまうという方も多いのではないでしょうか。

特に仕事や学校以外で自分の自由に時間をしようできるときというのは、運動をすることが少なかったり、何かを延々と考えているなど頭を酷使することがなかったりするので、ただでさえお腹が減ったという感覚がなかなかやって来ないのです。

そうすると、朝、昼、夜の食事を取るべきタイミングでしっかり食事を取れないことに繋がり、結果として間食が増えたり、深夜にお腹が空いてしまい、夜食をとってしまうということに繋がります。

そして、このような食生活を継続していると、今出ているニキビがさらにひどくなったり、今までにニキビが出ていなかったという方の肌にも簡単にニキビが発生してしまいます。

今回はそんな食生活の乱れに繋がる可能性のある、生活習慣について説明していきます。

1、食生活が乱れるとニキビができやすい

ニキビが一度できると治り、またしばらくすると再発してというサイクルを繰り返していることが非常に多いです。

中にはその繰り返すニキビの原因を食べ物とは別の部分にあると考えられていたり、そもそも食べ物を改善したところでニキビが解決することはないと思っている方もいらっしゃるのではないかと思います。

基本的にニキビというのは、肌の毛穴に老廃物が溜まったり、皮脂が詰まったりしてその部分が炎症を起こすことで起こることだと考えられていますが、その老廃物や皮脂を分泌しているのはご自身の体の中なんです。

全てが体の中の問題とは言いませんが、実際に老廃物や皮脂分泌の原因となる食べ物に気をつけるだけでニキビの症状が軽くなった、治ったという方もいらっしゃいます。

ニキビを改善する際の方法として、サプリメントやお薬を飲むという対策も、体の中にニキビの改善に効果のある栄養や成分を取り入れているということになるんです。

2、ニキビが悪化する主な食べ物

普段食べている食べ物に気をつけることでニキビの改善に繋がる可能性があるということを少し感じていただけたと思いますが、具体的にどんなものを食べると、ニキビの症状が悪化したり、今のニキビの症状が繰り返し発生したりするのでしょうか。

主に注意したいものは以下の4つです。

砂糖

砂糖はお菓子やジュースなどにも多く含まれているので、帰宅後や休みの日には食べたり飲んだりする機会も多いと思いますが、取りすぎには注意が必要です。

砂糖というのは、体の中にあるビタミンBというものの働きによって分解されて、エネルギーや脂肪分となりますが、この時に発生する脂肪分は体に蓄えられるので、これがニキビの原因となってしまう可能性があるのです。

あなた自身が好きなことに集中しながらつまみ食いをしていると、ついお菓子を一袋食べ終わってしまっていた・・・などよくあると思いますが、ニキビがなかなか治らないという人はこのお菓子やジュースによる砂糖の取りすぎが原因となっている可能性があるので注意しましょう。

アルコール

定期的にお酒を飲むという方もいらっしゃると思いますが、お酒にも糖分が多く含まれています。

お酒もビタミンCを消費して分解されるのですが、その際に活性酸素という増えすぎると体に悪影響のあるものを生成します。

この活性酸素が必要以上に増加することによって、肌の細胞を傷つけたりしてしまい、ニキビの悪化や肌の老化など様々な症状を起こす原因となってしまいます。

お酒は適度に飲むのであれば問題ありませんが、飲み過ぎには注意しましょう。

香辛料

人が辛いと感じるものは、多く食べると痛みを感じたり、胃腸を痛めてしまう可能性があります。

胃腸を痛めることで、消化機能も低下してしまうことに繋がるので、体に必要な成分や栄養素の吸収にまで影響を及ぼし、恐れがニキビの原因となる可能性もあります。

また、胃腸の問題に関わらず、辛いものを食べると人は汗をかきます。

運動をしている訳ではないので、後からシャワーを浴び直したり、お風呂に浸かったりということを意識しにくいかもしれませんが、これがニキビの原因となる可能性のある肌の老廃物の蓄積に繋がっているかもしれません。

辛いものが好きという方もいらっしゃると思いますが、取りすぎは控えましょう。

最後に油ですが、これはニキビの原因となる皮脂量に直接的に関係する部分です。

油は主に、肉料理やファストフードに多く使われていたり、日常生活でも料理に使用される機会が多いですが、この油を摂取しすぎると、皮脂の分泌量も増加することに繋がり、その皮脂の過剰分泌が原因となってニキビが発生したり、すでにあるニキビがさらに悪化したりということに繋がります。

さらに、油はスナック菓子にも多く含まれているので、同じお菓子にはなりますがこちらも油を多く含む料理と合わせて食べ過ぎには十分に注意しましょう。

3、ニキビを繰り返さないようにするためには

ここまでニキビの原因となりやすい食べ物を紹介してきましたが、もちろん食べ物だけがニキビの原因の全てではありません。

ニキビを改善するための1つのアプローチの方法として、普段の生活の中に心あたりのある方は、ニキビを改善して自分を変えたいという気持ちがあるのであれば、まず自分のできる食事の改善を試みていただくのが良いと思います。

また、先ほどの言いましたが、ニキビは食べ物が全ての原因ではないので、体の外側からもを同時にニキビにアプローチをすることによって今まで治らなかったニキビを改善できる可能性が上がります。

まだニキビができていないけど、今の生活を続けているとニキビができそうで怖いという方も、今から動くことによってニキビができる可能性を下げることができます。