【教師が気になるアトピーの症状を改善!】かゆみや臭いの原因にもなる『汗』の対処方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

教師という職業は、学校の教師同士の関わりであったり、学校に通う生徒と接触する機会がたくさんあります。

そのような状況で、あなたは汗の臭いやそれが原因で発生するアトピー性皮膚炎の炎症が周りからどう思われているのか気になりませんか?

学校の先生同士の場合は多少大丈夫かもしれませんが、生徒が相手の場合、子供が相手ですので、わずかな変化からクラスの話題に上がったり、それこそ校内でその噂や情報が広まれば、必然的にその情報が他の教師の耳にも入るようになります。

こうなってしまうと、他の教師たちもそのことについて多少意識してしまう状態になってしまい、当の本人としてはかなり居心地が悪く感じてしまいますよね。

今回は、そんな教師の気になるよくある汗の悩みについて説明していきます。

1、周りの目が気になる教師の日常

教師という仕事は、学校に通う生徒に勉強を中心に様々なことを教える立場にあります。

その為、普段から教師同士だけではなく、生徒との関わりが非常に重視されますよね。

しかし、そこで問題となるのは、あなたが汗をかきやすい体質であったり、アトピー性皮膚炎であったりする場合にその症状の副次的効果として発生する臭いや症状そのものとしてのかゆみです。

汗をかくということは、その汗の中で菌が繁殖して、あなたもよく知る汗の臭いを放ち始めたり、あなたがアトピー性皮膚炎を持っている場合は、そのかいた汗が原因となって、アトピー性皮膚炎の症状を引き起こしてしまう可能性が高いです。

そして、その場合のアトピー性皮膚炎の症状で恐ろしいことは、症状である炎症とともにかゆみを引き起こし、そのかゆみの発生した部分を私たちが自分自身で傷つけることによって、さらに症状が悪化していくという点です。

このような状態になってしまうと、例えば生徒に勉強の説明をしているときなどにどう見られているか、臭いが気になっていないか・・・など、もし生徒さんが何も気にしていなかったとしても、自分の中の不安だけが大きくなっていってしまいます。

2、汗が原因で起こる症状は、精神的に多くなダメージを受ける

ここが大事なポイントで、汗を原因とするこれらの症状を患った場合、僕も含めてほとんどの方が、周りは何も言っていないのにかなりの確率で自分の見た目や臭いをかなり細かく気にされているのです。

これは、汗をかいた時の自分の臭いやアトピー性皮膚炎の症状がひどく、自分で感じる臭いや見た目でこんなにひどく感じるのだから、他人からしたらもっとひどいに違いない・・・

という考えが根底にあるのではないかと思います。

こうなってしまっては、周りがなんと言おうと気になってしまうので、正直自分で自分を精神的に疲弊させて、その疲れによって症状がさらに悪化するということも起こり得るのです。

3、アトピー性皮膚炎の教師が汗が原因で仕事に支障を出さない為には

このような生徒や周りの教師の目を気にする原因となっている、汗やアトピー性皮膚炎の症状は、どのようにして対策をすれば良いのかというと、まず精神的にその気になればすぐにでもできることとして、自分の臭いや見た目を気にしすぎないということです。

これは、多少相手も気になっている人もいるかもしれないという可能性はありますが、多くの場合は本人の自意識過剰である場合がほとんどです。

たとえ周りにそんな人がいても、なんか臭いはするけど、そこまでそういうこともあるかと僕であればその程度にとらえます。

そして、汗の具体的な対策としては、食生活を整えたりプレッシャーに感じることを減らすことが対策としては非常に良いです。

食生活を整えるのは、汗自体があなたの食べたものを元にして生成されたり、その汗を生成する為の体自体が食べたもので作られるからです。

そしてプレッシャーを減らすというのは、プレッシャーを受けることによって精神的発汗という体の作用によって、出す必要のない汗を出してしまっている可能性があるからです。

これについては、教師として生徒の前に立つことに慣れてきたり、様々な経験を積んでいくことでその時々に対する具体的な対処方法を意識できるようになり、心に余裕が生まれ、結果的に緊張するということが少なくなるのです。

アトピー性皮膚炎については、汗が原因の症状については、上記の発汗に対する対策をすることによって、根本的な原因を解決することにつながりますので、もし汗が主な原因だと考えられる方は、まず汗の問題を解決するようにしてみてください。

汗が主な原因ではないという場合には、汗の対策と同時にまずは日々の睡眠不足、不清潔、食事の偏りなどがないかを見直してみましょう。

4、アトピー性皮膚炎の教師が汗によって仕事がしづらい状況を改善する為には

もし、すでにアトピー性皮膚炎の症状や汗の臭いについて、すでに生徒の中で話題になっていたり、教師の中でも意識されていたりという環境にある場合は、現状をそのままの状態で納めることは少し難しいので、まずはその環境はなってしまったものは仕方がないと認識してそれを数ヶ月後にはなくなっている状況を作るという方に意識を集中させるようにしましょう。

ここで、今の状況に落ち込んでいても、状況は何も変わりません。

しかし、この肌の状況というのは1ヶ月程度ですぐに改善するというわけではありませんので、数ヶ月先にそのままの状態でもいいのか、数ヶ月先には症状が改善して生徒や教師などの周りの目を気にしない自分になっていたいのかをよく考えて、行動するようにしましょう。

そして、アトピー性皮膚炎を直す、汗の問題を解決する場合には、まず上記3に書いている内容を実践できているかを確認しましょう。もしその内容の中にどれか1つでも行えていないことがある場合は、それが現状の原因となっている可能性が高いです。

そして、もし上記3の内容を全ておこなっていても数ヶ月間症状が改善されない・・・という場合には、その3の内容を実施している状態のまま、汗の問題の為に作られたサプリメントを使用してみることも改善方法の1つとして考えられても良いかと思います。

しかし、これはあくまで自分で行なった対策の効果が本当に得られなかった場合の手段なので、症状が本当に治らなくてどうすればいいのかわからないという方や、とにかく早く効果を実感したいという方は使用してみてくださいね。

この記事の内容が、あなたの汗の悩みの解決に少しでも役立てていれば、非常に嬉しいです。

汗の悩みに効果的なサプリメントの詳細はこちら