【飲食店の接客で気になる汗とアトピーを改善!】臭いやアトピーの原因になる汗の対処方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

飲食店での接客は、お客さんのアトピーや汗に対する反応が気になりますよね。

あなたは、接客をしている際に汗を書いている姿をみられたり、アトピー性皮膚炎のせいで荒れてしまっている肌を見て嫌な顔、怪訝な顔をされたりした経験はありませんか?

接客業、特に飲食店で働くは、お客さんは例外なくそのお店で食事をする為にやってきます。

食事をする為に訪れたお店で、汗をだらだら書いている人やアトピー性皮膚炎の症状で肌がひどく荒れているという場合は、正直に行って口には出さなくても良い印象はあまりないですよね。

僕は自分自身も重度のアトピー性皮膚炎でしたし、アトピー性皮膚炎に限らず肌が荒れていたり、人の外見に対してどうこう思ったりすることも気分を悪くすることもありませんが、中には理解のない人もいるというのは確かなのです。

そのような人の目線や態度は、本人からするととても傷つきますよね。

今回は、そんな飲食店での仕事をする際に気になる汗やアトピーの症状に対する対処方法をお伝えします。

1、飲食店での接客は汗やアトピーに対して偏見がある

まず、日本の国民性として、自分とは違うということに対してものすごく敏感に反応するところがあります。

もちろん人によっては優しい心を持っていて、なんでも受け入れてくれるという方もいますが、一定数そのような心優しい人もいるというだけで、世間一般としてみればまだまだ少数や珍しいものに対しての偏見が大きいです。

そしてそれはアトピー性皮膚炎の症状が出ている肌を持った人や、汗の発汗量が多い人などに対しても同様の偏見があるということで、それが特に清潔さを求められる場所である飲食店では、ことさらにその判断基準が高く貼られる傾向にあるのです。

そんな環境の中で、僕たちのようなアトピー性皮膚炎の症状が肌に出ている人や汗をかく量が他の人と比較して多い人が働いていると、ごく少数ではありますが、あからさまに嫌な顔をしてくる人というのはいるものです。

まず、アトピーや多汗症を持っていて、飲食店で働くという場合には、そのような現状があるということだけは頭に入れておきましょう。

2、多汗症やアトピーの人が飲食店の接客をする際に注意するべきこと

そして、アトピーや多汗症の人が、実際に飲食店で働く際の注意点として、肌や汗など症状そのものはその場では対処のしようがないので気にしても仕方がない部分ではありますが、その場合は少なくともそれ以外の部分でできるだけ良いサービスを提供できるように心がけることが大事です。

例えば、爪が長いことで

アトピーや汗 + 爪が長い = 不衛生

などとは思われないように、声を元気に出したり、笑顔を絶やさないようにしたりと

できるだけ他の部分でアトピーや汗というマイナスの印象をできるだけ補えるようにしましょう。

そうすることで、初めは外見だけを見ていたお客さんだったとしても、サービスがしっかりしているという点で心を開き受け入れてくれるという可能性だってあるのです。

3、汗やアトピーが原因で飲食店の接客に影響が出ないようにする為には

それでも、汗やアトピーの症状というのは、できるだけ出ていない方が良いのは確かです。

もし飲食店で働く前や働いていて自覚がある場合は、自分自身の体のためにも、周囲のお客さんのためにも、汗の発汗量や、アトピー性皮膚炎の症状を軽減するように努めることが大切です。

もし今までも改善を試みてきたけど効果が得られていないという方は、もしかしたらやり方を間違っている可能性もあるので、これから説明する内容は少なくとも実践してみると良いでしょう。

まずは、自分のことを知るために症状の原因やいつからなったのかなどを確認して見ましょう。

もし汗が原因でアトピー性皮膚炎の症状がひどくなっている傾向にある場合は、まず根本的な原因である汗の原因を改善することに全力を使いましょう。

そうでない場合は、両方を同時に対策されて大丈夫です。

まず汗の問題を対策する場合は、ストレスやプレッシャーなどの精神的原因をさけること、そして食生活の改善です。

人によっては、ただ単に接客で動いているだけで汗がだくだくになってしまう人もいますが、それとは別に接客に慣れていないうちはお客さんに注文をとったりするだけで緊張するもので、そうなってしまうと、余計な汗が分泌されてしまい、本末転倒となってしまうからです。

もしただ単にまだ慣れていないという場合には、そのまま続けることで経験値が溜まり、同じ状況でも動じなくなることは想像できます。

そして食生活の改善については、そのままの通り食べるものは外食やカップラーメンなどが中心の食生活を送っている場合には、毎日の食事を添加物などが入っていない体に害の少ないものを中心に変えることで、あなたの体を作るものの中に不必要なものが混ざりにくくなり、必然的に肌を通して汗やアトピーの症状となって出てくるものを減らすことができるのです。

これらを実行することで、時間はかかりますが、汗やアトピーの症状に自分自身の力のみでも対処していくことが可能ですので、これから飲食店で働く際に、周りの目が気になるなと感じる方は、ぜひ実践してみてください。

4、飲食店での汗やアトピーの問題への対処方法

そしてもし、すでに飲食店で働いており、しかも同僚やお客さんから汗やアトピーの症状に関することでクレームのようなものを受けてしまった場合は、その環境を今現在のあなたの状態では、解決することは難しいと思われます。

対処方法としては、まず、上記3の内容の中で1つでも実践できていないものはないかを確かめること。

そしてもしその中で実践できていないものが1つ以上ある場合は、真っ先にそのことに対する対策をしましょう。

症状がすぐに改善するわけではありませんが、本気で現状を変えたい場合は、数ヶ月先には、飲食店の仕事をストレスなく回している自分がいると思ってまずは継続して取り組んでみましょう。

そして、それらを実践して数ヶ月たっても効果が一向に現れず、どうすれば良いのか全くわからない・・・という方には、最後の手段としてアトピー性皮膚炎の症状の根本的な原因となっている汗の問題のために作られたサプリメントを実践していることと合わせて併用していただければ、体の内側からのアプローチによって効果が出る可能性があります。

もうどうすれば良いかわからない・・・とにかく早く結果を出したいという方は1つの手段として試してみてください。

この記事の内容があなたのアトピーや汗の悩みの改善に少しでもやくに立てていれば、非常に嬉しいです。

汗の問題に効果的なサプリメント『アセッパー』の詳細はこちら