【看護師の『汗』問題を解決!】臭いが気になりアトピー性皮膚炎の原因にもなる多汗症の対処方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

看護師の仕事って、大変な内容が多いですよね。

あなたは、看護師の仕事をする中で、汗をかいて臭いが気になる・・・という経験はありませんか?

または、今現在の進行形で悩んでらっしゃいますか?

看護師の仕事は、事務仕事の他、患者さんの対応など、人と接触する機会が多くあります。

それにものを運んだりと意外と重労働があったりすることも多いですよね。

そんな中で夏場ではなくても出てくる汗。

これは人それぞれの体質にもよりますが、汗が止まらない、すぐに汗をかいてしまうという方にとっては、たとえ相手が気にしていなかったとしても結構気になりますよね。

このように、汗の問題というのは、自分が相手の立場だったら嫌と思うから、相手も嫌に違いない・・・

という考え方から不安になってしまうという主に精神的な問題であることが非常に多いです。

そして、実害としては、アトピー性皮膚炎を持っているという方であれば、多汗症などで発生してしまった汗自体が肌に長時間付着していることによって炎症を起こしてしまったり、かゆみなどのなんらかの症状を発生させてしまうため、その部分の見た目が非常に悪くなってしまうです。

今回は、そんな汗の問題が気になる看護師の仕事の中での対処方法を説明していきます。

1、仕事中の汗が気になる看護師の仕事

看護師の仕事というと、一般の人は病院で働いている看護師さんを想像しますが、実際に看護師の仕事は結構ハードです。

そして仕事がハードということと、看護師さんというのはほとんどが女性ということ、患者さんに至近距離まで近づく機会があることなど、見た目や臭いなど、外見に結構気を使うことが多いです。

しかし、気になるといっても仕事そのものを変えるわけにも行かず、悩んではいるけどたかが汗だし・・・と考えて対処を諦めてしまっているという方がいらっしゃいます。

汗の悩みというのは、近年問題になっていることから正しい対処方法を知っているだけで実際に問題を解決できてしまう可能性も高くなってきています。

2、汗をかくことで発生する、臭いとアトピー性皮膚炎の症状

汗をかくこと自体が悪いことなのではなく、実際には汗をかいた後に汗を原因として繁殖する菌に問題があります。

この菌が繁殖することによって、あの汗の匂いを出すことにつながり、アトピー性皮膚炎の症状の原因にもなっています。

そう、汗をかくこと自体は身体的にも健康にも良いことで、これは逆に汗が出ないという方が体に排泄したいものを出せないという点から、健康上本当に悪いのです。

汗を無理に抑えようとするとその分の代償が、肌などに現れて逆に外見が悪化してしまうなんてこともありえますので、この部分を勘違いして、間違った汗の対処方法に手を伸ばさないようにしましょう。

3、多汗症とアトピー性皮膚炎によって看護師の仕事に支障を出さないためには

とはいっても、看護師という仕事柄、気にしないわけにはいかない汗の問題。

もしまだ本格的に支障が出てきたと感じていないけれど、このままではこの先確実に仕事に支障が出る・・・と感じているとしたら、それはとても良い改善の機会です。

多汗症というのは、俗に言われる精神性発汗の場合もあるため、気持ちに余裕があり、変に汗を意識していない状態の方が汗の対処をしやすく、良い効果を得られる可能性が高いです。

多汗症の対策としては、体質も問題もありますので一概にこれというものはここでは提示できないのですが、まずできることとしては香辛料など辛いものを控えること。そして、大動脈の通っている場所である脇や膝などを冷やすことが効果的です。

4、多汗症とアトピー性皮膚炎の症状が原因で看護師の仕事に悪影響が出ている場合にやるべきこと

そしてもし、現在進行形で看護師の仕事の中で多汗症やアトピー性皮膚炎の症状に悩んでいるという場合には、それなりの対策をする必要があります。

この場合、多汗症で出た汗が原因となってアトピー性皮膚炎の症状が発生している可能性が高いので、初めは根本的な原因となっている多汗症の対策を行うようにするのが良いです。

もちろんこの順番は、一般的にはという視点からなので、あなた自身の肌の状態などから判断して対処していただければと思います。

そして、多汗症を対策する場合、気をつけなければいけないのは、主に食生活やプレッシャーのかかる環境など、摂取するものが原因となっている場合と、精神的に緊張を強いられる場合に発汗が起こるタイプの主に2つがあるということです。

あなたの普段の生活を見直していただき、汗がたくさん出てしまうのは、忙しくて普段の食生活の栄養が偏っていたりすることが原因なのか、それとも看護師の仕事中のプレッシャーやストレスなどが原因となっているのかなど、まずは自己分析をしてみましょう。

思い当たることが少しでもあった場合は、忙しいなどの理由に関わらず、汗の問題を直したいのであればそれなりの行動を起こしましょう。

汗で悩んでいる今の状態、今の生活サイクルをそのまま継続していても、汗の問題が勝手に解決することはまずありえません。

そして、もし、上記のことを全て行なっている上で、汗の問題が全く改善されない・・・汗をかくのはいいんだけど、何かをした時に滝のように一気に大量の汗をかくのはもう嫌だ・・・という方は、その改善されている良い状態の生活習慣は継続したまま、そこに汗とその臭いの改善を目的として作られたサプリメントみることも1つの方法です。

それでも自分の生活の中で自然に汗の問題を解決できることが一番良いと思いますので、あくまで何をやってもダメだったという場合や、できるだけ早く効果を出したいという方は使ってみてください。

この記事の内容が、あなたの汗の悩み解決に少しでも役立っていれば、非常に嬉しいです。

多汗症に効果的なサプリメントの詳細はこちら