【介護士の汗の悩みを解決!】アトピー性皮膚炎の症状や臭いの原因となる汗の対処方法

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

介護士という仕事は、主に高齢者や体の不自由な人の生活を手助けする仕事なので、当然人と接触することが非常に多い仕事ですし、時には体が密着するほどの距離での介護活動をすることも珍しくありません。

そして、人の活動を手助けするということは、人一人を動かす力も必要なので、かなりの重労働となる場合もあり、必然的に汗をかくこととなります。

あなたはそんな介護士の仕事を行う中で、自分の汗の臭いや汗が原因で発生するアトピー性皮膚炎の肌荒れなどが気になったことはありませんか?

たとえ相手が高齢者の方だとしても、自分のせいで嫌な思いをさせているという感覚があると、自分の気持ち的にも辛くなる部分があり、たとえ相手が全く気にしていなかったとしても、自分の中では周りを気にしすぎるあまり、

『気にされているのだろう』

という思い込みに支配されてしまいます。

今回は、そんな介護士さんの汗の悩みに関する内容について対処方法まで説明していきます。

1、介護士の仕事は、汗の臭いが気になる

介護士の仕事というのは、かなりの重労働です。

しかも、その重労働に加えて、高齢者や体の不自由な方など、人を相手にする仕事なので、コニュニケーションも必要ですし、周りの目も多少気にする必要のある職業になります。

そんな重労働をしていると、やはり人間はそれ相応の汗をかきます。

しかも介護士というのは、高齢者をお風呂に入れたりもしますので、その際は高温高湿の環境で重労働を行う必要がありますので、感覚的には本当にものすごい量の汗をかくことになりますよね。

これは汗の臭いやかいた汗が原因となるアトピー性皮膚炎を持っている方にとっては、非常にコンプレックスのある仕事をしているという環境です。

このような環境で仕事ことで、

『これだけ汗をかいているのだから、自分が汗臭くないわけがない・・・』

という考えを自然と持つようになってしまい、それは身体的な面と精神的な面の両方で、悪循環を生み出しかねません。

2、汗とアトピー性皮膚炎の症状で自意識過剰になることで起こる悪循環

前段の内容では、汗をかくことが悪いことと言っているように聞こえてしまってもおかしくないのですが、実際は汗をかくこと自体はなんら問題ないのです。

それは、汗自体には臭いを発生する成分が入っているという訳ではなく、汗の成分を餌とする菌が汗を長時間放置することで増殖し、その菌があの汗の臭いを発生させているだけだからです。

そして汗をかいているせいで自分が汗臭いと思い込むことの何がいけないかというと、人前に出た時にその考えを自分自身が強く意識してしまうことでその影響で発汗が起こってしまい、結果的にかく必要のない汗をかいてしまう可能性があるからです。

そうなってしまうと、実際に汗をかくことのない場でも、なぜか汗が発生してしまい、その出る必要のない汗が原因で臭いが発生してしまうということが起こります。

これが起こってしまうと、自分自身が最初に考えていたことが、ただの自意識過剰ではなく、現実のものとなってしまうとともに、考えが経験を元に自分の中で固まってしまうので、そのサイクルから抜け出すことが非常に難しくなってしまいます。

3、アトピー性皮膚炎を持っている介護士が、汗の問題を起こさない為にするべきこと

そうならない為、介護士という大変な仕事を今後も汗を気にせず快適に行なっていく為にも、介護士のあなたが意識して行動に移すべきことは、まずこの自意識過剰というべき自分の中だけの考えを捨てることです。

しかし、捨てるのは自意識過剰な自分の中の妄想で膨らんでしまっている過剰部分のみで、それ以外の『臭っているかも・・・』という部分は意識として持っていても全く構いません。

これをすることで、自分が原因で汗の問題を悪化させてしまう可能性は大幅に減ります。

そして、その上で行なっていただきたいのが、『食生活の改善』と『プレッシャーなどの精神的緊張を減らす』ことです。

食生活は、改善することによって、体の作り自体に影響を与えることができますので、今の汗が過剰にでてしまったり、汗のべったり感が気になるという方は、食生活を改善することによって、汗の発汗量を減らすことができたり、汗の質をよくすることも可能です。

そして、精神的緊張を減らすというのは、文字通り、自分が緊張したり、何かを過剰に意識することによって必要のない緊張をして、汗をかくということをなくすことが目的です。

この緊張が原因で出る汗は、精神的発汗と呼ばれており、この精神的発汗こそ、本来出さなくて良い汗なのです。

もし、現在の介護士の仕事で職場環境にストレスを感じていたり、人間関係に不満があったり、介護をすること自体にプレッシャーやストレスがある場合は、思い切って職場や職業自体を変えてみることもありです。

しかし、プレッシャーやストレスと言っても、汗の問題や新しい職場環境に慣れていないことが原因だったりする場合は、汗の問題を解決する為の上記の内容をまず実践してみることや、介護士の仕事が本当に自分にあっていないのかを数ヶ月継続して確かめるということをしてみるのが良いと思います。

4、アトピー性皮膚炎の介護士が汗の問題を改善する為にやるべきこと

そしてもし、汗の問題を介護士の職場の中や、お世話をしている方に直接または間接的にでも指摘されたことがあり、職場の中の共通認識として汗臭いという印象がすでにできてしまっているという場合は、今の汗臭いと言われている状態のままでは、根本的な解決にはなりませんので、まずは上記で提案している改善方法を試して見ましょう。

もし、食生活や精神面の環境改善をしても数ヶ月効果がなく、どうすればいいのかわからない・・・という方は、その改善した
環境は継続しつつ、汗の問題を改善する為に作られているサプリメントを併用する形を取ってみることも1つの方法として考えて見ましょう。

しかし、基本的には自分の体なので、上記の内容を実践して状況が改善することがもっとも望ましいことです。

どうしても改善することができない・・・
一刻も早くこの環境から抜け出したい、できるだけ早く症状を改善したい

という方以外は、まず自分の体と向き合って見てくださいね。

この記事があなたの汗の問題改善に少しでも役立てていれば、非常に嬉しいです。

汗の問題解決に効果的なサプリメントの詳細はこちら