【20代女性の寝れないを解決!】アトピーが原因で眠れない夜にやるべきこととは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

あなたは、仕事から帰ってきて布団に入ってから、すぐに寝ることは出来ていますか?

20代の女性というのは、まだ結婚をしていない人も多いと思いますが、結婚していないということは少なくとも今は自分で働いて行かなければ生活が出来ませんので、何かしらのお仕事をされているのだと思います。

一言で20代女性といっても、それぞれの選択した結果によって様々な環境が考えられますが、それぞれの環境にはそれぞれの悩みのタネや疲れる関係、付き合いなどがあると思われ、それらが原因となって私たちの持っているアトピー性皮膚炎の症状が発生してきてしまう可能性が高まります。

普通の人は疲れが溜まっても、ほんの少し肌に影響が出たり、目の周りにクマが出来ていたりといった感じで、数日経てばほとんど治っているということもありますが、私たちのようにアトピー性皮膚炎を持っている場合は、その症状がかなりの日数に渡って続くものとなったり、その症状によって引き起こされるかゆみによって夜に満足に睡眠をとることが困難となる可能性もあるのです。

今回は、そんな20代女性のアトピー性皮膚炎が原因となっている『寝れない』を改善する対処方法をお伝えしていきます。

1、20代女性の働く環境と疲れやストレスの関係性

まだ大学や専門学校を卒業してまもないという方は、入社して初めのことは特に緊張することがたくさんあり、心身的にはストレスとなって知らず知らずのうちに蓄積していっているという可能性がありますし、入社した会社にもよりますが、女性より男性の比率が圧倒的に多く、気を許せる関係の人がなかなか作りにくかったりすることなども会社生活の中での疲労やストレスの原因となります。

また、すでに入社されてから数年経って仕事にも職場環境にもだいぶ慣れてきたという方でもこれは同じで、会社にいる限り、『まだ20代』として扱われることが多く、1つできるようになったらまた次、次と新しいことを求められ続け、これがストレスとなっている可能性もあります。

2、20代女性のアトピー性皮膚炎は環境によって悪化する

上記のような環境が長期間続き、なかなかプライベートの時間にもストレスを発散したり、疲れをとることができなかったりすると、それら溜まったストレスや疲れが肌にも影響を与えるようになってきます。

これは、会社の環境、人間関係によるものですが、この他にも連日のように続く長時間労働や、休日出勤などが原因となって、もう会社に行きたくないと感じてしまい、実際にそのまま会社にいけなくなるということもありますし、そこまで強いストレスがアトピー性皮膚炎に影響すると、かなり症状がひどく出る可能性が考えられます。

また、このような症状が一度出始めてしまうと、その症状のかゆみが原因となって布団に入ったとしてもかゆみにばかり意識を取られてしまい、そうこうしているうちに肝心の眠気がどこかにいってしまい、睡眠に入るまでの時間が非常に長くかかることとなりますし、この状況になってしまうと、睡眠時間が短くなっているということで、肌を修復する機能などが低下してしまいます。

3、アトピーの症状が原因の睡眠不足にならないために

20代女性が上記のようなストレスや環境が原因のアトピー性皮膚炎の症状を引き起こさないようにするためには、まず会社の人間関係や環境は、ある程度仕方ないものだとして、普段あなたが生活している家やその周辺の環境に簡して改善していくことが良いです。

しかし、ただ闇雲に原因になっていそうだというところを片っ端から対策していくということをしても非効率なだけですので、あなたのアトピー性皮膚炎の症状が起きにくい環境を作るために行動するときには、必ず自分自身の現状や、周りの環境に目を向けて、何が原因となっているのか、何が今後原因になりそうなのか・・・というところを考えてから、初めて症状についての対策を行なっていきます。

・例えば、部屋が散らかっていて数週間片付けていない
・いつもコンビニで買ってきた食べ物しか食べていない
・疲れているときは、化粧だけ落として着替えて布団に入ってしまう時がある。

などです。

このような手順を踏んで上記のように、原因と思われることをられるしてみると、症状に対する効果的な対策をすることができます。

4、20代女性のアトピー性皮膚炎が原因の寝不足を解消する方法

また、すでにアトピー性皮膚炎の症状がひどく、上記の対策をしてもなお、症状に変化がない・・・

という方は、僕の使用していたアトピー性皮膚炎の症状に効果的な入浴剤をお風呂に入れて、寝る前にそのお風呂に入ってから布団に横になるということをしていただいても良いのではないかと思います。

入浴剤に関しては、主な効果としてアトピー性皮膚炎の炎症を抑えたり、乾燥しやすい肌の保湿をしてくれたりというものがありますので、ご自身にあった改善方法を決めてその方法を試すのも良いですし、今回紹介させていただいた方法を一度試してみても問題ないと思います。

それでも症状が改善されないという場合は皮膚科を受診するということも頭の片隅にだけ入れておいていただければと思います。

この記事の内容が、あなたの睡眠不足を改善するために少しでも参考になっておりましたら、非常に嬉しいです。

 

肌の炎症を抑え、乾燥も防ぐ入浴剤の詳細はこちら