【10代男子の寝れないを解消】アトピー性皮膚炎でもゆっくり眠れるようになる方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

あなた、もしくは、あなたのお子さんは、寝る時に、体が痒くてなかなか寝ることができない・・・

ということが続いてはいませんか?

ぼくもこんな時期があり、この『なかなか寝ることができない』というのは、アトピー性皮膚炎の症状の恐ろしいところの1つだと考えています。

実際、アトピー性皮膚炎の症状・体のかゆみが原因で睡眠に入りづらくなると、必然的に睡眠時間自体が短くなり、自分の体が肌を修復する時間が減ってしまい、アトピー性皮膚炎の症状の発生スピードに、肌の修復スピードが追いつかない・・・

なんていう悪いサイクルに入ってしまう可能性も非常に高いのです。

体がかゆいのは辛いし、寝れなくなるのもいやだ。

そして何よりもこんなサイクルには入りたくない。

今回は、そんなアトピー性皮膚炎の状況の改善方法についてお伝えしていきます。

1、アトピー性皮膚炎のかゆみで寝れない

アトピー性皮膚炎の症状が発生する原因は、人によってそれぞれ異なりますので、みんなこうすればよくなる!ということは言えないのですが、アトピー性皮膚炎の症状が出ている原因には共通していることもあります。

ここからの内容に該当している場合は、まず何よりも先にその対策をしましょう。

毎日肌を清潔な状態に保てていない

まず、運動して汗を書いたりした後に、肌がアトピー性皮膚炎の症状を発症しやすい状態にあるにも関わらず、そのままの状態で長時間過ごしたり、そのままの状態で睡眠する体制に入ってしまうということをしているという方は、要注意です。

少なくとも1日1回は体を洗って肌を清潔に保てていない日を無くす。

この項目が実施できていないという方は、これだけを改善することによって、すぐに効果が現れる可能性も非常に高いです。

身の回りの環境が不清潔

運動してきたものが床に散乱している状態で、長時間生活をしている。
部屋の中の空気の入れ替えを長期間していない。
布団の洗濯を長期間していない。

などなど、普段長い時間を過ごす場所が不衛生な状態にあると、必然的に人はその状況から影響を受けることとなります。

特に布団を長期間洗濯していないという場合は、睡眠の室に直結しますので、今すぐにでも洗濯するようにしましょう。
もし今日できない場合は明日でもいいので、お子さんのため、自分のためにできるだけ早く行うようにしてください。

食べ物は外食が多く、お菓子やジュースなどの摂取量も多い

食事を家で食べることが少ない。食事の前にお菓子やジュースを飲んでいて、食事の時間にお腹が空かない。

という方も、アトピー性皮膚炎の場合は特に注意が必要です。

食事を外食で済ませることが多い、もしくは家で食べて入るけれど、ほとんどがスーパーやコンビニで購入してきたお惣菜という場合は、その食事に入っている添加物やその他の調味料などに、体が反応している場合があります。

お菓子やジュースも同様で、それ自体に入っているものに対して体が反応している可能性があるということ。

そしてもう一つ、お菓子の恐ろしいところは、食事の前に食べてしまうと、健康的な食事を食べる量が減り、ご飯の時間に体に必要な量を食べれていないがために、深夜にまたお菓子を食べ始めてしまったり、カップラーメンなどを夜食としてとってしまったりということが起こり得るということです。

食事が外食になってしまったり、お惣菜が増えてしまったりするのは、どうしてもご飯を作る時間がなかったり、ご家族の都合でなかなか家で食事を取るのが難しかったりと、理由が様々あるかもしれませんので、その場合はまずは別の場所からアトピー性皮膚炎に対してアプローチをしていくようにしましょう。

しかし、お菓子やジュースが原因となっている場合、全く食べるなとは言いませんが、少なくともご飯を食べる前にお菓子を食べること、ジュースを飲むことは避けるようにしましょう。

それだけで、食事が正常に摂取できるようになり、体のサイクルも徐々によくなっていく可能性があります。

2、寝れないには入りたくない

上記のことに注意するまたは、思い当たることがあった方はすぐに改善することで、夜に眠ることができなくなる原因でもある体のかゆみをある程度は抑えることができるはずです。

もしそれでも症状が解決しないという場合は、アトピー性皮膚炎の症状がかなり重いか、元から入眠に時間のかかる体質であるなど、何か他に原因があると思われますので、今一度身の回りやご自身に原因となる可能性が見当たらないか観察、分析してみるのも効果的でしょう。

それでも原因がわからないという場合には、皮膚科を受診するというのも1つの手段としてはありです。

3、寝れないサイクルから脱出するためには

そしてもし、上記の原因を特定することができず、今現在もアトピー性皮膚炎の症状に苦しんでいて夜はなかなか眠れない状態が日常となっていしまっている・・・

『寝れないサイクル』に入ってしまっているという場合には、まず、1、2で紹介してきた内容を実行しているという前提で、寝る前にアトピー性皮膚炎が原因となっている炎症を鎮静化させたり、かゆみの原因となる肌の乾燥を防ぐことを目的とした、僕自身も使用している入浴剤を使用して、就寝前にゆっくり入浴されてみてください。

アトピー性皮膚炎などの肌が弱い人が使う前提で作られていますので、僕と同じようにあなたも安心して使うことができるはずです。

この記事の内容が、あなたの睡眠環境改善に役立てていれば、非常に嬉しいです。

 

肌の炎症を抑え、乾燥を防ぐ入浴剤の詳細はこちら