【寝れない20代男性必見!】アトピー性皮膚炎が原因で眠れない時の対処方法

こんにちは、肌好き編集長のタクミです。

あなたは、日々の生活の中でしっかり睡眠を取れていますか?

もし、十分な睡眠時間を確保できていないのだとすれば、その理由の一つにアトピー性皮膚炎の症状によるかゆみはありませんか。

20代の男性というのは、ただでさえ社会人となって日々新しいことを覚え、作業をこなし、会社からは成長することと成果を出すことを求められる・・・

とても気をはり、疲れも溜まりやすい時期です。

そのような状況になると、何も病気を持っていない普通の人でも、時には体調を崩してしまったり、肌の状態が悪くなったりする時があり、それはアトピー性皮膚炎という病気を持っている僕たちにとってはもっと身近にあり、いつそのような状況になるか、どの程度の症状になるかもわかりません。

そして、恐ろしいのは、その症状によって発生するかゆみによって、夜になかなか寝ることができず、睡眠時間が大幅に減少してしまうことです。

今回は、このようなアトピー性皮膚炎を持った僕たち20代男性が、症状によるかゆみによって貴重な睡眠時間を奪われないようにする方法をお伝えします。

1、20代男性はアトピー性皮膚炎の症状が出やすい

20代男性というのは、新しいことを覚えたり、ざまざまなチャレンジをしたり、中には結婚する人もいるでしょう。

良くも悪くも人生の中で一番変化の大きい時期なのではと思います。

そして、変化やチャレンジが多いということは、それ相応のストレスやプレッシャーもあるということで、それが自分のやりたいことなのであればそのプレッシャー自体も楽しめるという場合もあるかもしれませんが、普通に社会人として日々の仕事を淡々とこなしているという場合は、そのストレスやプレッシャーが本人にとって重荷にしかならないということは、今の世の中、非常に多いです。

そして、そんな環境の中、僕たちはアトピー性皮膚炎という病気を持って現代社会を生きているのです。

当然、ストレスやプレッシャーもアトピー性皮膚炎の症状悪化の原因となりますので、普通の人よりも周囲からまたは環境による影響が、体に直接現れやすいです。

それだけならまだ許容できる方もいらっしゃるかもしれませんが、この症状がそんな疲れの溜まる毎日の中の貴重な睡眠時間を妨害する要因になると考えると、放っておくわけにはいかなくなります。

2、仕事の疲れが溜まっている、生活リズムが不規則な時は体調と肌の変化に要注意

本来、疲れが溜まっている時や、なんらかの理由で普段の生活リズムが崩れているという場合にこそ、通常より長く深い(質の良い)睡眠が必要となるのですが、僕たちのようにアトピー性皮膚炎を持っている場合、その疲れや生活リズムの乱れがまず肌に影響を与えてきます。

そして、その影響を受けた肌にはアトピー性皮膚炎特有のかゆみが発生し、そのかゆみが原因で疲れをとるための睡眠すら満足にできなくなる可能性があるのです。

これが一度始まってしまうと、非常に厄介で、疲れやストレスが連鎖的に増加していってしまう可能性まであるので、そうなる前に正しい対策を打って、できるだけ原因となっているアトピー性皮膚炎の症状を抑えることに集中しなければいけません。

3、20代男性がアトピー性皮膚炎の症状で睡眠時間を奪われないための対策

社会人特有の疲労や生活リズムの乱れを原因とするアトピー性皮膚炎の症状を改善する方法としてまず行ったほうがいいのは、

改善できる部分と手のつけられない部分をはじめに明確にして、自分のできることをあらかじめ知っておくことです。

例えば、何も現状がわからずにアトピー性皮膚炎の症状改善のために行動を起こしてしまった場合、手のつけられない部分(会社の作業環境を変えるなど)というか、改善しようと思えば不可能せはないけど、行動に対するリターンが少なすぎてアトピー改善の効率が非常に悪い場合などに直面したりする可能性があるのです。

こうなると、普段の疲れに+して無駄な労力をかけることとなってしまい、かえって現状を悪化させかねません。

なので、まずは、自分の置かれている状況、周囲の環境、自分の体の状態などの、現状把握をしっかりするとともに、アトピーを改善するためにどこから手をつけて改善していく必要があるかを見極めていきましょう。

対策の例としては、

・布団を最近洗濯していなくて、不衛生な環境で睡眠をとっているので、すぐに布団を洗濯する。
・忙しい、疲れているからといって、シャワー・風呂に入らない日を無くす。
・食事がほとんど外食なので、試しに週の半分は自炊してみる。

などが挙げられます。

働きながらですので、決してここで無理をせず、原因に対して現在の状況より少しでも良くなるように対策を考えて行動していくようにしましょう。

4、睡眠時間が奪われている場合の20代男性のアトピー改善方法

また、もしすでにアトピー性皮膚炎の症状がひどく、上記の現状把握・対策をしてもあまり状況が改善しない・・・

という場合は、まず対策が現状とマッチしていないという可能性を考えてみましょう。

これはほとんどの場合大丈夫だと思うので考えてみる程度で結構なのですが、もし何か引っかかる場合はすぐにその対策内容をブラッシュアップしていきましょう。

そして、この対策をした上でも効果が出ないという場合には、僕が実際に行ったアトピー改善効果のある入浴剤を入れてお風呂に浸かってから布団に入って就寝するということを行ってみるのも1つの方法としては良いかもしれません。

肌の炎症を抑えたり、乾燥を防いだりという効果があり、お風呂から出た後も継続するのが良いところです。

最終手段としては、皮膚科にいって診察してもらうというのも1つの手ではありますが、まずはあなた自身ができる対策を行ってみることをお薄めします。

この記事の内容が、あなたの睡眠不足改善のお役に立てていましたら、非常に嬉しいです。

 

肌の炎症を抑え、乾燥を防止する効果のある入浴剤の詳細はこちら