【10代女子必見!】アトピー性皮膚炎と花粉症は同時にやってくる?症状を軽減する方法とは

こんにちは、肌好き編集長のタクミです!

あなたがアトピー性皮膚炎の症状がひどくなる時というのは、どんな時期でしょうか?

その時期は、花粉症の警戒が出る時期ではないでしょうか?

花粉症の原因となる花粉には種類があり、それぞれによって花粉が大量に排出される時期というのは異なりますが、もしあなたのアトピー性皮膚炎の症状が悪化する時期に心当たりがあるのであれば、それは、あなたに花粉症の症状が出始めている、もしくは花粉症と診断されている場合には、花粉症の症状が今年も出ているということになります。

今回は、そんなアトピー性皮膚炎を持っていて、なおかつ花粉症が発症しているかもしれない・・・

すでにアトピー性皮膚炎と同時に花粉症を発症している・・・

という10代女子のための、アトピー性皮膚炎と花粉症が同時に発生する理由と、それらの改善方法について説明していきます。

1、10代女子はアトピー性皮膚炎と花粉症を同時に発症しやすい

10代女子というのは、思春期真っ只中ですので、何も意識せずに普通の生活を送っていても、肌が荒れたり体調に変化が現れたりしがちです。

特に生理の時期というのは、女性特有の体調とホルモンバランスが極端に変化しますので、アレルギー性病気であるアトピー性皮膚炎と花粉症になりやすい時期とも言えます。

花粉症は年齢を重ねるごとに、体に長年に渡って花粉が蓄積され、その量が体の許容量を超えた時に、突然アレルギー反応を起こし始めるので10代のうちはあまり気にしなくても大丈夫!

と思っているかもしれませんが、花粉というのは、人の体質によってもその影響をどう受けるのかは様々なので、一概に上記の通りに症状が出てくるというわけではないのです。

もしあなたが花粉に耐性があまりなく、症状がないからといって対策という対策を取っていないという場合は、明日にでも花粉症が発症する可能性だってあります。

特に、私たちはアトピー性皮膚炎というアレルギー症状を伴う病気を1つ発症しているということも考えると、花粉に対するアレルギー症状も他の人より出やすい体質にあるのでは・・・

と考えておいたほうが、ちょうど良いくらいかもしれないのです。

2、10代女子がアトピー性皮膚炎と花粉症を発症してしまう理由

そして、もしあなたがアトピー性皮膚炎を持った状態で、花粉症の症状もあるという場合は、主に『時期』と『環境』の2つの理由があると考えられます。

『時期』というのは、花粉症の元凶となっている花の花粉が飛び始める時期のことです。

花によって花粉の飛ぶ時期が異なるので、どの花粉に自分が反応しているのかによっても症状が発症する時期は異なります。

『環境』というのは、あなたがアレルギー反応を持って反応してしまう種類の花粉を飛ばす花が、あなたの日常の中に潜んでいる可能性があるということです。

花粉症を発症している、もしくは発症していると診断されたことはないけれど、花粉症っぽい症状が出ているという場合は、この2つの要因について考えて見ましょう。

3、10代女子のアトピー性皮膚炎と花粉症を同時に改善する

今年初めて症状が出たという方だったり、毎年この時期になると花粉症の症状が出始めるという方は、現在飛んでいる花粉の種類をすぐにでも調べて、自分が何の花粉にアレルギー反応を起こしているのか。

そして、その花粉を巻いている花が自分の日常の中に存在していないかをすぐに確認しましょう。

花粉症は自分反応する花粉の舞う時期やその花粉を撒く花が近くにないかを把握しておくだけで、その時期にはマスクをしたりして花粉を極力自分の体に取り込まないように対策をすることが可能になり、必然的に花粉症の症状を抑えることができます。

そして、あなたの反応している花粉の種類がわかったら、その花粉を飛ばす花があなたの日常の中に潜んでいないかを確認して見ましょう。

家の近く、通学路、学校の敷地内、友達の家の近く、よく買い物をする場所などなど、あげればキリがないですが、いつも行くところでは周りを見るようにして、花粉を発している花はないかを事前に調べておくことが良いです。

また、体を貼った案にはなりますが、その花粉の飛んでいる時期に上記の場所を訪れてみて、その場所で花粉症の症状が発症しないかを確かめて見るという方法もあります。

この方法で花粉症の症状が発症した場所には、あなたが反応する花粉を飛ばす花が近くにある可能性が非常に高いです。

このようにして自分の花粉症の原因となる花がある場所を知っておくことで、花のある場所を極力避けて通ったり、その場所に行く時はマスクをしたりという具体的な対策を打つことができるようになり、花粉症を持っていたとしても、症状の発症をしにくくすることが可能なのです。

しかし上記のような対策をしても花粉症の症状がひどい時には、効果が薄いという場合もあります。

そうなった時に僕は、花粉症の症状を抑える効果のあるお茶を飲むようにしていました。

もし、今までの花粉症対策では効果の薄かったという方は、今回の記事で紹介した花粉症の改善方法と一緒に、僕のように花粉症の症状を抑える効果のあるお茶を飲んで見ると、早く効果が実感できるかもしれません。

この記事の内容があなたの花粉症を改善するために役立つことができていたら、非常に嬉しいです。

>花粉症の症状に効果的なお茶の詳細はこちら