【20代男性の花粉対策】アトピー性皮膚炎と花粉症の関係とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

あなたは、日々の会社での仕事の中で、アトピー性皮膚炎や花粉症の症状に悩まされていませんか?

花粉症の症状が出るのは、花粉の飛ぶ時期や、あなたがなんの花粉に対してアレルギー反応を起こすのかにも関係しますが、ただでさえアトピー性皮膚炎のかゆみだけでも仕事に集中しにくくなるのに、そこに花粉症の鼻水や目のかゆみ、そして頭痛といった症状が加わった場合は、想像しただけで恐ろしいですね。

なぜアトピー性皮膚炎と花粉症のことを合わせてお聞きしているのかというと、アトピー性皮膚炎を持っている方は、花粉症になりやすいからです。

今回は、20代男性が注意するべき、アトピー性皮膚炎と花粉症について説明していきます。

1、アトピー性皮膚炎を持っている20代男性は花粉症になりやすい?

男性の20代というのは、社会人として働き初めたり、結婚したり、と環境の変化がとても多い時期です。

環境の変化があるということは、自分では感じなかったとしても、少なからず体が勝手に新しい環境に慣れるために情報を多くインプットしようとしますので、知らない間に疲れが溜まっていたり、一息ついた瞬間にどっと疲れがのしかかってきたりということも多いです。

しかもその環境の変化というのが、新社会人となって入社した会社の環境だったとしたら、その緊張と見えないストレスというのは計り知れません。

特に、会社というのはこれからの人生で長い時間を過ごす可能性が非常に高い場所の1つですので、必然的にその会社内での人間関係を良好に保ちたいと思う方が多いのではないかと思います。

そしてそのように考えると、ますます周りを気にするようになるので、余計に緊張感が抜けず、さらに体に疲れが貯まりやすくなります。

アトピー性皮膚炎を持っている私たちが、そんな環境の中で長期間生活していると、少しずつですがアトピー性皮膚炎の症状がひどくなっていくことが多いです。

そして、アトピー性皮膚炎を持っているということは、少なからず1つはアレルギー性の病気を持っているということで、疲れによって体の機能が低下している時には、同じアレルギー性の病気である花粉症の症状が体に現れる可能性も低くありません。

2、20代男性がアトピー性皮膚炎に加えて花粉症になってしまったら・・・

人によって花粉に反応する体質なのか、反応するとしたらなんの花粉に対して反応を起こすのかなども異なりますが、もしそのような環境が原因となってアトピー性皮膚炎に加えて花粉症の症状も起き始めた場合は、まず真っ先に体に蓄積している疲労やストレスを解消することが大切です。

あくまで上記のような環境の変化などが原因となった場合に限った話ですが、疲労やストレスが蓄積することで体は免疫力や抵抗力が著しく低下してしまいますので、その影響で花粉症の症状が少し出てしまっているという可能性も考えられるのです。

この場合は、その疲労やストレスを軽減または取り除くことによって体の正常な免疫力や防衛機能が戻り、一度は反応していた花粉による花粉症の症状が起こらなくなる可能性もあります。

しかし、それでも花粉症の症状が改善されない場合や、もともと疲労やストレスが溜まっていたりする訳ではなかった場合は、これまで数十年生活してきた中で体に蓄積されていた花粉があなたの持っている許容量を超えてしまい、花粉症としてアレルギー症状を発生させてしまったことや、新しい環境の場所にこれまでにはなかったあなたの体が反応してしまう種類の花粉を飛ばす花や木が存在しているということが考えられます。

この場合は、あなたの反応してしまう花粉を極力吸い込まないようにする工夫が必要です。

まずすぐにできることとして、花粉対策のマスクを着用する、花粉を飛ばす花や木の存在する場所を避けて通るなどがあります。

これらは特にご自身の反応してしまう花粉が飛んでいる時期や季節には意識して行うようにしましょう。

そして、もう一つは、外から帰ってきたら、服をすぐに着替えて、シャワーやお風呂に入ることです。

これはアトピー性皮膚炎の対策にも効果的で一石二鳥なのですが、衣服に付いている花粉を家の中に極力持ち込まないようにするとともに、あなた自身の体や髪などに付いている花粉を、即座に洗い流してしまうことで、家にいる間に花粉の影響を受けないようにする効果があります。

1日では効果や変化に気づきにくいかもしれませんが、これらの行動を徹底して継続するだけで、花粉症の症状をかなり軽減することができるはずです。

3、アトピー性皮膚炎の20代男性が花粉症にならないためにするべきこと

そして、アトピー性皮膚炎を持っているけれど、まだ花粉症の症状を経験したことがないという方は、もしかすると明日にでも花粉症の症状があなたを襲う可能性も0ではないということを自覚して、花粉症の症状がこれから先も出ないように、上記で行なっていた対策を今のうちから少しでも取り入れることをおすすめします。

僕自身も取り入れている方法にはなりますが、花粉症を外部からの刺激だけでなく、体の内側からも対策をするようにしています。

僕が無理なく花粉の対策をするために使用しているのが、花粉症の症状に効果で、予防にもなるお茶です。

花粉が大量発生する期間だけ、普段飲んでいるお茶をこのお茶に変更して使用しています。

これだけで面倒臭い対策をすることなく花粉症の予防ができてしまうことは非常に助かるのです。

 

>花粉症対策に効果のあるお茶の詳細はこちら