【30代女性の肌の色素沈着を改善!】アトピーや肌荒れが原因で起こる色素沈着の対処方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

あなたは、30代になってから肌にでき始めたシミや色素沈着に悩んでいませんか?

または、30代にとなった今、そろそろ将来、シミや色素沈着を起こさないようにする対策をしようと思いませんか?

女性の30代というのは、20代の頃と比較して、体の体質が大きく変化する時期でもあります。

そして、その時期に何といっても最も気になってくるのが、お肌の老化問題です。

30代になると、普通の人でもシミや色素沈着が発生してくる方もいらっしゃいますが、私たちのようにアトピー性皮膚炎を持っている方の場合は、さらに若い20代の頃からシミや色素沈着が発生してしまう可能性も十分に考えられす。

そしてそれが30代ともなると、体の変化と合わせてさらにシミや色素沈着が発生する可能性が高くなっていきます。

今回は、そんな年齢とともに発生する可能性の高くなるシミや色素沈着について説明していきます。

1、シミや色素沈着が発生しやすい・発生しづらい30代女性の違い

女性は、現在の周りの肌に対する意識の高さを感じている場合、20代のうちに将来の肌の状態を気にし始める方も少なからずいらっしゃるかと思いますが、実際のところ、30代になったり、肌の問題が発生し始めたりすることがないと、実感を持って本気で肌荒れたやシミ、色素沈着などの問題に対する対策をすることができないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、このように将来の自分の肌に不安を感じて情報を得るためにネットで調べたりと行動を起こす方と何も危険意識を持たずにこれまで来られた方には実はその時点で既に大きな差が存在していることになるのです。

対策をしているという方は、少なからず、ご自身の不安を払拭するための材料として、シミや色素沈着がどのようにしてできるのかは把握されています。

それに対して、対策をしていないという方は、このシミや色素沈着ができてしまう仕組み自体が頭に入っていないため、少しでも事前知識を持っている対策を行なって来た方と比較して、日常生活の中で何か些細なシミや色素沈着の原因となってしまうような状況があった際に、何も感じることなくその環境に身を投じてしまうので、知識があるか知識がないかでこのような日常生活の中で些細なしみや色素沈着の原因を防ぐことができ、その行動が長期間積み重なることによって、将来行なっている人と、行なっていない人の間に大きな差が出てくるのです。

2、30代女性に発生しやすいシミや色素沈着はどのようにできる?

今は知らなかったとしたら、これから覚えていけば良いのです。

まず、シミや色素沈着というのは、紫外線などの影響から肌を守ろうとする際に肌が生成する色素(メラニン色素)が肌にずっと残ったままになると発生するというのが一般的なものとなります。

肌というのは通常新しいものが作られ、古いものがどんどん外に押し出されていくサイクル(ターンオーバー)となっています。

普通に日焼けをした際に、一度焼けた肌の色が時間とともに元の色に戻るのは、この現象が原因となっており、通常日焼けをしたとしてもメラニン色素が作られるのはこのターンオーバーのサイクルがある表皮という部分になるのです。

しかし、シミや色素沈着が発生してしまう可能性のある場合というのは、生成されたメラニン色素が肌の表皮よりも内部にある真皮という場所に移動してしまった場合に起こります。

真皮は表皮のようなターンオーバーの性質はなく、現在ある肌がずっと残り続けますので、一度色素が真皮に入ってしまうと、そのまま肌に色が残ってしまうという現象が起こり、この状態こそが、私たちの言っているシミや色素沈着という状態なのです。

しかし、真皮というのはそう簡単に色素が移動してしまうようなものではなく、紫外線が長期間に渡って浴び続いたりして何度も色素が生成されていく中で、その中のほんの一部が真皮側に入ってしまうというイレギュラーが原因で起こることがほとんどなのです。

3、アトピーを持った30代女性のシミや色素沈着が発生する原因

一般のシミや色素沈着ができる過程は上記のようなものとなっていますが、もしあなたがアトピー性皮膚炎やその他の皮膚病を持っているという場合は、これ以外にもシミや色素沈着が発生する原因を持っていることとなります。

アトピー性皮膚炎というのは、何らかのアレルギーが原因となって、肌にかゆみや炎症を発生させる病気ですが、そのかゆみや炎症というのは年齢を問わずに発生するものですし、何よりかゆみをせっかく我慢しても炎症が治る直前にまた強烈なかゆみに襲われることとなるので、炎症がなかなか改善されずに同じ部分にかくことによるダメージが蓄積されることとなるのです。

この繰り返しが長期間続くことによって、肌に傷がどんどん深くなっていき、その傷が原因でシミや色素沈着ができてしまう可能性も十分にあるのです。

これは、上記の一般的な現象と比較すると物理的な原因となるのですが、自然な現象ではないだけに、誰でもいつでも条件さえ整えばシミや色素沈着を発生させてしまうことになってしまうということにもなるのです。

4、アトピーを持った30代女性がシミや色素沈着を発生させないためにするべきこと

一般的な原因の場合は、紫外線など主にシミや色素沈着の原因となることに対して早いうちから対策を行なっておくことがいちばんの近道です。

今まで何の対策もしてこなかった・・・と落ち込むのではなく、今この段階で意識し始めることができてよかったと前向きに捉えて今この瞬間から行動をするようにしていきましょう。

そして、アトピー性皮膚炎を中心とした皮膚病が原因となっている場合は、まずはシミや色素沈着に対策を打つのではなく、根本的な原因となっている肌のかゆみや炎症を引き起こしているアトピー性皮膚炎などの病気に対する対策を行うようにしましょう。

アトピーの原因となっているのは、主に食生活の乱れ、睡眠時間の不足、体の不衛生などです。

もしこれらに1つでも当てはまるものがあった場合は、まず何よりも先にその行動の改善に努めることが長いめで見た時のシミや色素沈着の防止につながります。

5、アトピーを持った30代女性にシミや色素沈着が発生してしまった際の対処方法

もし、上記の対策をした上でも、シミや色素沈着が発生してしまった・・・数カ月間で何も現状に変化がない・・・アトピーの症状もなかなか
改善されない・・・という方は、まだ長年の蓄積が残っているのか、もしくは原因自体が他にある可能性もあります。

ただ単に対策はあっているけれど改善されていないという場合には、アトピー改善用でシミや色素沈着にも効果のあるお薬を食後に1錠飲むことを継続してみるのも1つの手段ロして非常に有効です。

継続しても症状が改善されておらず、本当にこの対策であっているのかが心配・・・これから対策をするけど、できるだけ早く効果を出したい・・・という方はぜひお試しいただければと思います。

食後の1錠でアトピーやシミ・色素沈着を改善するお薬の詳細はこちら