【30代男性の気になる色素沈着を改善!】アトピーや肌荒れが原因となる色素沈着の対処方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

30代になると、20代の時にはなかった悩みや、20代の頃には気にしていなかったことが気になってきたりしますよね。

その中でも、徐々に気になってくるものとしてあげられるのが肌の悩みです。

あなたは、30代になってから肌荒れなどの症状以外に、肌のシミや色素沈着などの心配が出てきていませんか?

肌のたるみやシワなどは、一般的に、30代になると気になり始めて将来もっとひどくならないようにするために対処方法を探し始める方がおいのですが、特にアトピー性皮膚炎や肌荒れなどの症状を持っている方は、それ以外にも重要な問題が発生する可能性があります。

それが、30代でも十分に発生してしまう可能性のある肌のシミや色素沈着です。

今回は、そんな30代男性のシミや色素沈着について説明していきます。

1、アトピーの30代男性に起こる可能性のある色素沈着とは

男性も30代を超えてくると、徐々に体力の減少や体型の変化をはじめとした、体の変化に敏感になります。

その中でも、肌の問題というのは、気になる人には気になりますし、意識の高い人は20代の頃からすでに30代以上になった場合に備えて対策としてお肌のケアを始めているという方もいらっしゃいます。

しかし、その中でも普通の人はまだ30代では発生することの少ないと思われる現象が、アトピー性皮膚炎や肌荒れの症状を持っている僕たちには起こる可能性があります。

それそhが色素沈着や肌のシミです。

肌のシミや色素沈着というのは、主に日焼けをした際の肌が黒くなる現象と原理は同じです。

異なるのは、日焼けなどの時間が立つと肌の色が元に戻るものは、肌の入れ替わりであるターンオーバーというサイクルがある表皮と呼ばれるところに色素が侵入したり、炎症が起きたりすることで発生します。

これは、表皮部分で症状が発生しても、このターンオーバーというサイクルのおかげで色素の侵入した部分や、炎症を起こして傷のついた肌が時間と共に外に押し出されて、やがてぽろっと跡形もなく剥がれ落ちてしまうので一時的に肌が黒くなった後に、また元の肌の色にも戻ることができるのです。

しかし、シミや色素沈着が発生する場合というのは、色素や炎症による傷が表皮よりも奥に存在する真皮と呼ばれる部分にできてしまうことで発生します。

この真皮の部分に発生すると、シミや色素沈着となってしまう理由は、この真皮にターンオーバーのような古い皮膚を外に出すという働きが存在しないからです。

2、アトピーの30代男性が注意すべき色素沈着の原因

そして、その真皮には通常の場合、長年の紫外線の影響や、肌の老化が原因となってからそのような炎症や色素が生成されてしまうという現象が発生するのですが、アトピー性皮膚炎やその他の皮膚病などを持っている場合は、かゆみによって自分で自分の肌をかなりの頻度で傷つけてしまいます。

その際に、普通は傷つくことのない部分が炎症を起こしてかゆみを発生させてしまう。

そして、せっかく症状がよくなってきたと感じても、完治の直前で再度かゆみが発生してしまう頃が多く、その際に我慢できずにまた症状を治る前の状態に戻してしまう。

ということが繰り返されることによって、徐々に表皮の炎症がひどくなっていき、その状態が長く続くと、炎症が真皮にまで到達してしまう可能性があるのです。

その症状が真皮に到達してしまったり、自分のかゆみによって肌をかいてしまった際に何らかの形で真皮を傷つけてしまうことになってしまうと、その時についた傷や炎症が原因となって、肌にシミや色素沈着が発生してしまうのです。

3、アトピーの30代男性が色素沈着を起こさないためには

このような仕組みによって発生している色素沈着ですが、30代の男性にもなると、アトピーや肌荒れの影響がなかったとしても、普通にしみや色素沈着が発生してしまう可能性もあります。

シミや色素沈着が肌にある、特にそれが顔に出てしまった場合というのは、仕事でもプライベートでも人と会った際の自分の印象のマイナス要因となってしまうかもしれませんよね。

そんな30代という肌にとって大事な時期に、肌のシミや色素沈着を発生させないためにはどうすれば良いのでしょうか。

それにはまず、自分がシミや色素沈着の原因となる行動を取っていないかを確認して現場を知ることが大切です。

・普段、かなり日にあたるにも関わらず何もケアをしていない。

・アトピー性皮膚炎なのに、症状が出る可能性のある偏った食事や、睡眠不足が長年続いている。

などが例として挙げられますが、あなたはこのような行動に身に覚えはありませんか?

もしこれらのような症状に心当たりがあるようでしたら、この状態が今後も続いていくことによって、将来または近々、肌にシミや色素沈着という形で症状が現れ始める可能性が高まります。

年齢が問題となる場合は、普段の日常の中のケア。アトピーなどの皮膚病が問題となる場合は、生活習慣が主な原因となっていることが多いので、シミや色素沈着の対策をされる際は、ご自身の状況を把握した上で、これらのことに気をつけることが大切です。

4、アトピーの30代男性で色素沈着が起きてしまった場合の対処方法とは

アトピーや肌荒れの症状が酷すぎて、対策をしてもかゆみやユ炎症自体が改善されない…

上記の対策を行った上でも、肌にシミや色素沈着が現れるようになってしまった…

または、すでにシミや色素沈着が発生してしまっている…

という方はいらっしゃると思いますが、ひどいアトピーや肌荒れが起こっている場合や、シミや色素沈着が起きるには多くの時間がかかります。

症状が改善されない方は、まだ体が改善され切る前の可能性がありますし、対策をしていてもシミや色素沈着が発生してきた場合は、対策を行う前からの長期間の積み重ねが今になって出てきている可能性もあるのです。

なので、まずは改善の兆しが見えなくても数ヶ月間は対策を継続してみてください。

それでもアトピーや肌荒れの症状が改善されない。シミや色素沈着が少しずつ増えてきている気がするという場合は、シミや色素沈着にも効果のあるアトピー改善のお薬を食後に1錠飲む事を検討されるのも有効な1つの手段です。

体の内側から根本的な原因にアプローチをかけることができるので、アトピーやシミ・色素沈着対策と合わせると次第に大きな効果が出てくる可能性があります。

アトピーやシミ・色素沈着の症状がなかなか改善されない方、できるだけ早く症状を改善させたい方はお試し頂くと良いかと思います。

食後の1錠でアトピーやシミ・色素沈着を改善するお薬の詳細はこちら