【20代男性の肌の色素沈着を改善!】アトピーや肌荒れが原因の色素沈着の改善方法

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

肌がかゆいとついつい我慢できなくてかいてしまい、同じ箇所が治りかけてまた傷つけてを繰り返していること、ありませんか?

この状況、アトピー性皮膚炎を持っている方であれば何度も何度も経験したことがあると思うのですが、このように何度も同じところを傷つけていると、肌がだんだんと分厚くなってきて、徐々に肌の色自体も普通の肌色よりも濃い、茶色に近づいていくなんてことがあります。

この状況、実は皮膚が重なっていずれ取れるだろうと考えているかもしれませんが、実はシミもようなもので、長期間の傷からの影響を受けて色素沈着してしまっている状態の可能性があります。

運動をするなどの理由で全身日焼けをしているのがスタンダードな状態というような方以外の、一般的な20代の男性であれば肌に色素沈着ができたら、少なからず気になりますし、嫌ですよね。

今回は、そんなアトピー性皮膚炎の症状が原因で起こる可能性のある色素沈着について対処方法まで説明します。

1、20代で色素沈着が発生する可能性のあるアトピー性皮膚炎

色素沈着という言葉を聞くと、年齢を重ねてから発生するものというイメージをもつ方も多いと思いますが、アトピー性皮膚炎などの皮膚病を持っている方に限っては、どれだけ若くても肌に色素沈着が発生してしまう可能性があります。

それは、アトピー性皮膚炎などの皮膚病の症状が原因となっていることが多く、特に小さいお子さんの頃から症状が発生しているという場合、長期間に渡って同じ皮膚の場所に無意識のうちにダメージが蓄積していたりするのです。

そのダメージが蓄積した状態の肌を現在も続けてかいている、そして、その部分の肌がだんだん黒ずんできている・厚くなってきているという場合には、そろそろ注意が必要かもしれません。

この状態でなおかくことによって皮膚にダメージを与えすぎると、症状がさらに進行し、肌が本格的に色素を沈着させて行ってしまいます。

2、20代男性のアトピーが原因となる色素沈着とは

上記のように、アトピー性皮膚炎などのなんらかの皮膚病を持っているという方は、若くして肌に色素沈着させてしまう可能性があります。

では、その色素沈着とはどんな原理で起こるのでしょうか。

今回のようにアトピーが原因となる色素沈着の場合も、基本的には普通のシミや日焼けによる色素沈着とできる手順は似ています。

まず、アトピー性皮膚炎の症状が肌に出て、当然かゆみが発生してかきます。

そしてかいた部分というのは炎症を起こしたり、傷がついたりして、しばらくすると肌の状態が良くなってきます。

しかし、肌の治りかけの時に再度かゆみが発生するので、その時にそのままかいてしまうと、またせっかく治った部分が炎症を起こしたり、傷ついたりしてしまうのです。

この症状は、経験している方がほとんどだと思いますが、この繰り返しによって、皮膚にどんどん傷がついていきます。

皮膚には、ターンオーバーという古い皮膚をどんどん押し上げて外に排出するサイクルを持っている『表皮』と呼ばれる部分と、基本的に皮膚の入れ替わりがない『真皮』という部分が存在し、最初にうちに傷がつく皮膚は表面にある表皮なのですが、アトピーの症状であるかゆみを我慢することができず、ひどい炎症を起こしている中でもその部分をかいてしまうと、かいてしまった際の傷が真皮についてしまう時があるのです。

真皮は肌の入れ替わりがないので、その傷がずっと残ってしまい、外から見ると普通の肌よりも黒ずんで見える『シミ』や『色素沈着』という現象となるのです。

3、20代男性のアトピーと色素沈着を改善する方法とは

アトピー性皮膚炎を持っている20代の男性が上記のような症状で肌にシミや色素沈着を起こさないためにはどうすれば良いのでしょうか。

まずここで注意したいのが、対策を打つ対象は根本的な原因を持っている方にすると再発もしにくく良いということです。

では、今回の場合、根本的な原因とは、なんのことだと思いますか?

・・・

これは、何がなんの原因で起こっているということを1つずつ順を追って明確にしていくとわかるのですが、

色素沈着するのは、肌にダメージが蓄積されるから。

肌にダメージが蓄積されるのは、肌をかいているから。

肌をかいてしまうのは、肌が炎症を起こしているから。

肌が炎症を起こしてしまうのは、アトピー性皮膚炎だから。

という感じに例として1つづつ辿ってみました。

ここからは、最終的に、

『色素沈着するのは、アトピー性皮膚炎だから。』

という結論に至ります。

このことから、今回は、

色素沈着を防ぐためには、まずアトピー性皮膚炎の改善を最優先で行うことを進めています。

アトピー性皮膚炎自体の原因としては、睡眠、食べ物、汗、疲労、など様々な要因がありますが、まずは、特に比重の大きい睡眠と食べ物を意識して規則正しい生活を送ることで、アトピー自体の改善効果もよく現れるはずです。

4、20代男性がアトピーが原因で色素沈着が起こってしまった際の対処方法

そしてもし、アトピーを持った20代男性が、すでに肌に色素沈着を起こしてしまっているという場合は、真皮についた傷でも、修復されて跡形もなく治るという可能性も考えられますが、どうしても長期間放置しても傷や色が消えないという場合や、そもそもアトピー性皮膚炎の症状が対策を打ってもなかなか改善しない・・・そして現在も続いている状態で、色素沈着もしているけれど、痒さがあるのでそれどころではない・・・という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、普段のアトピー改善のための行動と合わせて、食後にぽいっと1錠飲むだけでアトピー性皮膚炎の改善を体の内側から行うお薬を普段の生活に取り入れてみても良いと思います。

普段の生活だけでは改善までできないという方も、1日1錠の継続力を加えることによってアトピーの症状がみるみる改善していくこともありますし、このお薬にはシミや沈着した色素を消すことに作用する成分もはいっています。

対策はしているけど効果を実感できていないという方や、対策自体をすることが難しいのでこれだけでも継続してアトピーを少しずつでも改善していきたいという方は、使ってみることを検討される価値はあると思います。

この記事の内容が、あなたのアトピー症状や色素沈着の解決に少しでも役立てていれば、非常に嬉しいです。

食後の1錠でアトピーを改善するお薬の詳細はこちら