【30代女性の食べ過ぎを改善!】アトピーの症状や肌荒れの原因となる食べ過ぎの対処方法

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

女性は30歳を過ぎると、結婚を始め、お肌の状況などが今まで以上に気になり始めますよね。

そんな中で、あなた普段の食生活の中で、今日は食べ過ぎた・・・ということはありませんか?

もしあるとしたら、その頻度は月にどのくらいでしょうか。

30代のアトピー性皮膚炎や肌荒れというのは、理由が様々ありますが、その中の一つとして食事の食べ過ぎがあるのです。

今回は、そんなアトピー性皮膚炎や肌荒れの原因となる可能性がある、30代女性の食べ過ぎについて説明していきます。

1、30代女性が食べ過ぎてしまう主な理由

30代の女性が思わず食べ過ぎてしまう理由のとして、日々のストレス、不規則な生活、などがあります。

30代の女性はOLとして会社で働いているという方も多いのではないかと思いますが、その会社の中での人間関係やきつい仕事内容、疲れが取れないなどの影響で、ストレスをためてしまう方が多いです。

現代の社会の中では、当たり前のようにある環境かもしれませんが、これは本来人間が生きていく中ではこんなにも多く積み重なることはないはずのもの。

つまり、脳が強い刺激を受け続けている異常な状態ということなのです。

また、このようなストレスに合わせて発生しやすいのが、不規則な生活です。

ストレスを受けている状態が続くと、人間の体は精神的なバランスを取るために、ストレスを発散しようとします。

その結果として起こる可能性があるのが、好きなことをしている時間が多くなって睡眠時間が削られてしまったり、食べ物を食べすぎてしまったりということなのです。

2、アトピーの30代女性が食べ過ぎてしまうことのデメリット

そして、そのような睡眠不足や食べ過ぎが原因で起こるのが、ホルモンバランスの乱れやアトピー性皮膚炎の症状をはじめとした肌荒れです。

30代の女性というのは、20代の体からの変化というのも重なり、普通にストレスがなく規則正しい生活を送っていたとしても、ホルモンバランスが乱れがちです。

そのような状況の中で、上記のようなストレスや不規則な生活が日常的に続いてしまうと、ただでさえ体の変化の激しい時期に、さらに悪影響を与えてしまいます。

また、睡眠不足や食べ過ぎがアトピー症状や肌荒れの直接的な原因にもなっていると上記で説明しましたが、女性ホルモンのバランスが崩れることによって、それ自体もアトピー症状や肌荒れの重い原因となってしまうので、このままの生活を続けていると本当に悪い連鎖にはまってしまう可能性が高いのです。

3、アトピーの30代女性が食べ過ぎないための対策

では、アトピーの症状や肌荒れを起こさないためにはどのようなことに気をつけて、どんな生活を心がけていけば良いのでしょうか。

率直な対策としては、まずはすべての根本的な原因となっているストレスや不規則な生活を改善することが最も効果です。

しかし、効果的なのはみなさんもお分かりだと思いますし、実際この部分をそのまま解決することが非常に難しいのです。

この部分を普通に改善できていれば、いまもこうしてなやんでいませんよね。

ということで、ここではまず自分ではどうしようもない問題というのは、どう頑張ってもどうしようもありませんし、無理なことに労力をかけることで余計にストレスが溜まってしまうだけという考えから、一旦おいておきます。

そして、ここで改善に取り組むべきなのが、自分が意識すれば変えることができる問題です。

今の状態でいうと、睡眠不足や食べ過ぎにあたります。

睡眠不足は改善しようとすると、会社の仕事が終わる時間に影響されてしまう部分も多少はありますが、たとえ時間帯は不規則になろうと、睡眠時間だけを見れば、あなたの気持ち次第で一定量は確保できるはずです。

そして、食べ過ぎの方ですが、こちらはほとんど他人や会社の影響は受けません。

友人からの食事の誘いや会社での飲み会などがあるかもしれませんが、たとえその場に行ったとしても、そこであなたが実際に食べる量は、あなた自身の気持ち次第でいくらでも調整することができるからです。

いまの生活を変えようとしているので、ちょっとキツそう…と思うのは当然だと思いますが、日常を少しずつでも変えていった先にあなたの求めている状態があることも確かなのです。

4、アトピーの30代女性が食べ過ぎてしまった時の対処方法

そしてもし、ここまでの内容をどうしても実行することができない…今までの生活通りにストレスを発散していないと会社の仕事なんてやっていけない…という方は、食べ物を食べた後にアトピーや肌荒れ改善のためのお薬をぽいっと1錠飲むようにするという方法もあります。

もちろんこのお薬は普段の生活習慣を改善しながら使用するのが一番効果が出ます。

しかし、今回のように現状はどうしようもないのだけれどアトピーや肌荒れの症状は辛いからなんとか改善したい…という場合は、いまの生活はそのままでも、お薬を食後に飲むことだけを普段の日常に加えることで、アトピーや肌荒れの症状が徐々に改善される可能性は十分にあります。

そして、その症状が改善されることによって、会社の仕事などにも集中できるようになり、心に余裕が生まれるということが当たり前のようにあります。

そうなれば食べ過ぎも睡眠不足も自然と少なくなっていき、あなたの理想に向かう好循環に入って行くことができます。

今は辛くても、現状を変える方法は必ずあります。

決して諦めず、できるまでやることが大切ですよ。

この記事の内容が、あなたのアトピーや肌荒れ、食べ過ぎの改善に少しでも役に立てていれば、非常に嬉しいです。

食後の1錠でアトピーを改善するお薬の詳細はこちら