【20代女性の食べ過ぎはアトピーの原因?】食べ過ぎてしまう人のアトピー症状を抑える方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

20代の女性は、何かとストレスを抱えていたり、将来を不安に思っていたりします。

そんな時に、食べ物を食べることでそのストレスや不安を解消しようとしてしまう人は、その時感じているストレスや不安が大きくなれば大きくなるほど、その原因を忘れるまで、食欲なんて気にしないで食べ続けてしまうなんてこともあるのです。

あなたは、会社でのストレスや、将来に対する漠然とした不安を、食べることで解消するタイプではありませんか?

今回は、そんな20代女性の食べ過ぎと、食べ過ぎによって起こることや対処方法について説明します。

1、20代女性が食べ過ぎてしまう理由

20代女性が食べ過ぎてしまう理由は、上記でも少し紹介していましたが、まず、ストレスや不安を解消する1つの手段となっていることが考えられます。

このストレス発散の手段というのは、人によって異なるので、ストレスが溜まったら爆睡するというような、食べること以外であれば特段問題ないのですが、自分でも無自覚だったけど、そういえばストレスが溜まっていた時は食べものを食べに行くな・・・という人も含めて、もし肌が荒れていたりと、体に影響が出ている時は、なおさら注意が必要です。

そしてもう一つは、ダイエットをしているもしくはダイエットをやめた際の、食欲を抑えていたけど解放するといった時は、お腹いっぱいまで食べまくることで得られる快感が長期間継続してしまい、気づいた時には毎日食べ過ぎ状態になっていた・・・なんてことにもなりかねません。

2、アトピー性皮膚炎の20代女性が食べ過ぎてしまうことのデメリット

このほかにも、20代女性の食べ過ぎというのは、様々な原因で起こったりするのですが、アトピー性皮膚炎や何かしらの皮膚病を持っているという方は、特にこの食べ過ぎには注意する必要があります。

食べ過ぎというのは、人間の体が必要としている以上にカロリーや栄養などをとってしまう、いわゆる過剰摂取の状態にあります。

それに加えて、現代の社会の中で私たちが口にしている外食などには、添加物がしようされていたり、砂糖が大量にしようされていたりと、人が美味しいと感じるためだけに作られていて、体には一切必要のないものが大量に含まれているものも非常に多いです。

そして、アトピー性皮膚炎というのは、体の中の不要なものを皮膚を通して体の外に排出する際に皮膚が炎症やかゆみを伴うという仕組みになっているので、体がこれ以上必要ないと感じてしまう過剰摂取や、本当に体に必要ないものを体に入れてしまうと、それらが直接アトピー性皮膚炎の症状の原因となってしまう可能性が非常に高いのです。

3、アトピー性皮膚炎の20代女性が食べ過ぎないようにするためには

では、アトピー性皮膚炎を持った20代女性が、『食べる』ことによってストレスを発散しているという場合は、食べ過ぎてしまわないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

そのためにはまず、無理に『食べる』ことをやめる必要はないと考えます。

それは、『食べる』ことを我慢することによって、逆にストレスを貯めてしまっては、元も子もないと考えているからです。

しかしこれは、今の食べ過ぎの状況のままで良いという訳では決してなく、食べ物を食べる際の量を減らす工夫をしたり、食べるものの質を考えたりして、体に入れるものを食べる前にしっかり考えておくということをした上でということです。

ストレスの発散で食べ物を食べているという場合には、食欲すなわちカロリーを気にしていないという場合が多いので、カロリーが低くてお腹に溜まるもの、食べ応えがあるものを用意しておくというもの良い対策となります。

また、食べ過ぎの状態の時に、食べているものが、コンビニで買ってきた食べ物出会ったり、インスタント食品であったり、ファストフード店の食べ物だったりという場合には、まず、食べるものを自分で作ってみたりしてみるのも良いでしょう。自分で作ることによってどんなものにどのくらいの原料が使われているかを把握することができますし、食べ物を作る大変さを意識できるようになることで、食欲のままに食べることにブレーキがかかるようになる可能性も十分あります。

4、アトピー性皮膚炎の20代女性が食べ過ぎてしまった際の対処方法

しかし、それでも、自分の好きなものを好きなだけ食べないと、やっぱり気が済まない・・・という場合は、ストレスや不安の根本的な原因となっている会社でも仕事や人間関係などの問題を解決するために行動したり、将来の何に不安を抱いていて、何をすれば解決できるのか、もしくは可能なのかを具体的に考えることも対策となります。

もしくは、これらのことを考えても根本的な解決がそもそも無理だから今の状態になってしまっているという人も多いと思いますので、そのような場合には、現状はそのままだったとしても、アトピー改善のために作られているお薬を食後に1錠飲むようにしてみるということも1つの手段としては有効です。毎日継続して摂取することを今の日常に取り入れるだけで、アトピー症状を体の内側から改善する手助けとなってくれます。

この記事の内容が、あなたのアトピー症状や食べ過ぎの改善に少しでもお役に立てて入れば、非常に嬉しいです。

食後の1錠でアトピーを改善するお薬の詳細はこちら