【10代女子の食べ過ぎとダイエットに注意!】アトピー症状や体型・体調変化の本当の原因とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

最近の10代女子は、周りや流行の影響を真に受けて、周りに馴染むことに一生懸命になる場合が多く、その問題の中の1つとして大事な成長期なのに、足の細さなどを気にして食事を控え、ダイエットをするということが見受けられます。

あなたの10代女子の娘さんは今、ダイエットをしているから食べない・・・などという理由で日々の食事を食べなかったりしていませんか?

10代女子に多い、特別太っている訳でもなく、周りと比較して、〜〜が太いなどの理由で行われるダイエット。

本人がどんな目的、どんな理由があって行なっているのかはわかりませんが、成長期のエネルギーを必要としている時に、ダイエットと称してエネルギー摂取を控えるのは、体にかなりの負担がかかり、間近や将来に様々な現象が体に発生する原因となります。

今回は、このような10代女子にありがちな食事の問題についての対処方法まで説明していきます。

1、10代女子にありがちなダイエットとそのデメリット

10代女子というのは、一定のグループや友達との関係に敏感な時期です。

現代では特に、少しでも周りより目立っていたり、違う行動をしたりする人に対していじめが発生したりする可能性があり、そのような状況にならないためにも、無意識の中で『周りに合わせないと』『周りに合わせておこう』という考えが定着してしまっている可能性があります。

その中でも、この時期の女子に多いのが、自分の体型が太っている訳ではないにもかかわらず、雑誌のモデルや周りの自分より〜〜の部位が細い、綺麗ということに対して、あんな風になりたいという変身願望から発生する『ダイエットをしよう』という考えです。

そして、この10代女子のダイエットの恐ろしいところは、最初の一人は先ほどのように、少なくともなんらかの目的意識を持ってダイエットを始めるのですが、それをみた周りに合わせたがる女子というのは、少々のああなりたいなという変身願望があったとしても、『〜〜ちゃんがやっているから』『周りがやっているからとりあえずやっておく』という周りの行動に合わせることが目的となっていることが多いということです。

そして、この周りの女子の感覚でダイエットを初めてしまうと、10代の成長期ということもあり、体の発育が止まったり、栄養不足で肌が荒れてきたり、ひどい場合にはホルモンバランスが崩れて月経が来なくなったりと、非常に危険な状態となってしまう可能性が高いのです。

2、アトピー持ち10代女子が注意すべき、ありがちなダイエットと食べ過ぎの関係

そして、このようなダイエットをすることによって起こるのは、何も身体的なことばかりではありません。

たとえ10代女子がダイエットをするとしても、〜〜のような体型になりたい、理由があって体重〜〜キロを維持したいなどの明確な目的意識がある場合は、おすすめはしませんが、本人の考えに筋が通っているため一概にダメとは言えません。

しかし、このダイエットが周りに流されてなんとなく〜〜な風に慣れればいいなーというような、いかにも周りに合わせてダイエットをしているような場合には、ダイエットをすることをやめたほうがいいでしょう。

多少興味が出たので少しやってみたい程度であれば、1つの経験としては問題かもしれませんが、その目的のないダイエットが長期間に渡って継続されるようであれば、それは親が注意してあげるべきです。

注意する理由としては、そのようなダイエットは身体的に負担が大きいことに加えて、『食べたいけど我慢・・・』『〜〜を食べたいけどやめておこう』『お腹が減ったけど太るからご飯も少なめにしよう』という考えに精神的に支配されてしまう可能性があり、一旦このような状態に陥ってしまうと、このダイエットをやめた際にそれらの抑えていたものが解放され、今まで我慢していた食欲が爆発するような期間が訪れてしまう可能性が高いからです。

この状態になると、普通の体型だった子が、無理にダイエットに取り組むことで正常な食欲を我慢することとなり、ダイエットをやめた途端に溜まった食欲を爆発させてしまい、暴飲暴食を続け・・・

そして、思いっきり食べたいものを食べることの快感を覚えてしまうことで、今度は食べることがやめられなくなり、気づいたら自分とは思えない体型に・・・

という悲劇が簡単に起こってしまうのです。

3、アトピー持ちの10代女子は、特に食べ過ぎには注意する

上記のように、ダイエットという行為も10代女子にとっては十分恐ろしい行為なのですが、その裏に隠れているリスクというのはその何倍も恐ろしいものとなっています。

この両方ともにアトピー性皮膚炎の原因となる肌トラブルを引き起こす大きな原因となっているので、特にアトピーを持っている10代女子は、ダイエットももちろんですが、食べ過ぎには十分に注意しましょう。

そして、特に食べ過ぎに注意する理由としては、食べ過ぎ自体によってもアトピーの症状可能性があるということに加えて、食べ過ぎによって体型がふくよかになっていくことによって、今よりも汗をかきやすくなって肌が荒れる原因が増えたり、体が重くなり、運動も減ることによって体の正常な機能まで低下させてしまいアトピー性皮膚炎の症状が今よりも重く発症してしまう可能性もあるからです。

4、10代女子のアトピー症状を改善する方法

そんな10代女子のリスクの大きすぎるダイエットですが、もし、現在あなたの娘さんがダイエットや食べ過ぎなどが原因で肌の状態やアトピーの症状が重くなってしまっている場合、まずは、娘さんに理由も伝えた上でダイエットは体に悪いことがたくさんあるということを伝えましょう。

娘さんがある程度聞き入れてくれるのであれば、それをされげなく継続していくことで近いうちになんらかの状況改善が期待できる可能性がります。

しかし、相手は思春期の10代女子なので、親のいうことを素直に聞いてくれない可能性も十分にあります。

そのような場合には、無理矢理にやめさせることはできないので、その場合は、アトピー性皮膚炎の症状を改善するお薬を毎日飲んで症状を体の内側から改善してあげるという方法もあります。

『ダイエットしててもいいから、肌が綺麗になるこれだけでも飲んでみない?』と伝えてみて、肌が綺麗になることには興味を持ってくれているのであれば、アトピー改善の余地は十分にあります。

これで効果がでた場合には、あなたのアドバイスに説得力がつくようになりますので、そのあとの習慣の改善を促す際にも聞いてくれるようになるかもしれません。

この記事の内容が、あなたの娘さんのアトピーの症状や健康改善のお役に少しでも立てていれば、非常に嬉しいです。

飲むだけでアトピー症状を今より改善するお薬の詳細はこちら