【10代男子の食べ過ぎに注意?】食べ盛り時のアトピー症状の本当の原因とは

こんばんは、肌スキ編集長のタクミです。

10代男子のお子さんは、本当にこれでもかというくらい食欲が旺盛です。

そんな時期に気になるのが、

息子はアトピー性皮膚炎を持っているのにこんなに無尽蔵に食べ物を食べても問題ないのだろうか・・・
ニキビや湿疹、炎症が肌に出ているけれど、本人はお腹が減っているというし・・・

食べ盛りと言っても、食べ過ぎはよくないのではないか

という考えです。

今回は、このような10代男子、特にアトピー性皮膚炎の症状を持っている子についての説明をしていきます。

1、10代男子の食べ盛り時期は食べ過ぎを気にしなくてもいい?

10代の男子というのは、体の成長スピードがものすごく、見ている親御さんが一番よくわかるのではないかと思うのですが、身長の伸びや体つきなどが短期間で本当にがっしりとしてきます。

そして、10代男子のその超スピードでの成長期とともに現れるのが、食べ盛り時期という、10代男子の食欲が止まらなくなる現象です。

はたから見ていると、正気の沙汰ではないような量の食事を軽々と平らげるので、幾ら何でも食べ過ぎなのでは・・・と心配になる方も多いと思いますが、この時期は体の成長に膨大なエネルギーを使っているため、基本的にお菓子などを大量に食べている訳ではない場合は、いくら食べてもほとんど全てが体の成長に使われます。

すでに息子さんが肥満状態になっているという場合や、なんらかの原因で食事の量を制限している場合には、注意する必要もあると思われますが、基本的にこの時期の息子さんの食べ過ぎを心配する必要はありません。

2、アトピー持ちの10代男子は『食べ過ぎ』ではなく『食べるもの』に注意する

もし、食べ盛り時期に入っている10代男子の息子さんがアトピー性皮膚炎を持っている場合は、いくら食べ盛り時期と言っても注意は必要です。

しかし、注意をすると言っても食事の量ではなく、『食事の質』にです。

食べる量については、アトピー性皮膚炎を持っているとしても、1人の立派な10代男子ですので、体の発育問題を考えても、この時期に食事の量を無理に減らすべきではありません。

そして、食事の量は多くてもこの時期に限ってはしっかりと消費できてしまうので、アトピー性皮膚炎への影響も基本的には少ないです。

しかし、いくら食べてもいいと言ってもアトピーの症状が発症してしまう場合も少なからずあります。

それは、食べている食事の質が悪い場合に起こることが多く、特にお子さんの食欲にお母さんの料理では追いつかないという時にスーパーでお惣菜を大量に買ってきたり、お腹が減っているのに何もないからカップラーメンを食べるなどという状況が続くと起こりやすいです。

対策としてはお母さんが食事を作っている場合は、手の込んだものでなくても全く構いませんので、ご飯と一緒に食べられる、野菜炒めやカレーなどを大量に作っておき、息子さんに思う存分平らげてもらうという方法があります。

この方法の良いところは、大量に作って余ったとしても、保存しやすく次の食事や夜食にも重宝するという部分です。

3、10代男子のアトピー症状の悪化は、食べ物以外に原因がある可能性も

先ほどは、食事の質が悪いものを毎日大量に摂取することによって、体の中にいらないものまで入ることとなり、最終的にアトピー性皮膚炎の症状として、肌に悪影響が出るということを説明しました。

しかし、10代男子の行動で目につきやすいのが食事というだけで、それだけで原因がそれだと思い込んでいる方が非常に多いのですが、実際のところ食事以外のところにアトピーの原因がある場合も多いのです。

この時期は食べ物の問題に目が行き、何かアトピーの症状が発生すると瞬間的に〜〜を食べたからかな・・・とか、やっぱり〜〜の食べ過ぎかな・・・などと考えてしまうようになり、アトピー症状の原因の選択肢を脳が勝手に『食事にある』と思い込んでいる可能性が高いのです。

10代の息子さんのアトピー症状がもし悪化した時には、まず原因を考えるための固定概念を取り払うようにしましょう。

4、食欲旺盛な10代男子のアトピー症状を改善するためには

そして、食事が原因ではなかったとしても、10代の息子さんにアトピーが出ているということは、食事以外のどこかに原因がある可能性が考えられ、その原因と考えられるものの中から1つずつ原因ではないかを調べていくことが解決への最善の方法となると思います。

食欲の旺盛で運動盛りの10代男子のアトピー性の原因は主に、

・食事の質が悪い
・アトピーの症状が普段から継続的にひどい
・運動後の汗の処理が疎かになっている

などが考えられます。

これらは、人によっても症状や原因が変化しますし、改善に至るまでのアプローチの方法も人によります。

しかし、中には、何を改善してもアトピーの症状がよくならないという方もいらっしゃるのです。

そのような方は、最終手段として、普段の食事とともに息子さんにアトピー改善専用のお薬を勧めてみるのも1つの方法です。

お薬と言っても、アトピー性皮膚炎など肌の問題解決に役立つ成分がバランスよく配合されている小さな錠剤タイプなので、お腹いっぱいにご飯を食べた後にポイっと飲むだけでアトピー性皮膚炎の症状の改善が見込めます。

この記事の内容が、あなたの息子さんのアトピー改善や健康の役に立てていれば、非常に嬉しいです。

アトピー対策に効果的なお薬の詳細はこちら