【30代男性の食べ過ぎを解消!】アトピーや肌荒れの原因にもなる食べ過ぎの対処方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

あなたは、30代になってから会社の飲み会や、仲間との飲みなどで、毎日必要以上に食べ物を食べていませんか?

30代というのは、20代に比べて基礎代謝が大きく減少するので、20代の食事量のまま、30代を過ごしてしまうと、ほとんどの方は多かれ少なかれ体重や脂肪の量が増加します。

そして、老化が進むとともに、脂ギッシュなものを食べると、体に貯めてしまうので、アトピー性皮膚炎などの病気を持っている方は、症状が悪化しやすくなる傾向にあります。

特に、30代になってから、20代の頃よりも食べる量や飲むお酒の量が増えたという方は、今は大丈夫でも今後その生活を継続することを考えると注意が必要です。

今回は、そんなアトピー性皮膚炎を持っている30代男性の食べ過ぎ改善方法について説明していきます。

1、30代男性が食べ過ぎてしまう主な理由

男性が30代になってから食べ過ぎてしまうようになる理由は様々ありますが、その中には、会社に入社してから年月も経ち、そこそこ会社の中で関わる人も増えてきたり、顔も広くなってきたことから、それぞれのグループでの飲み会などの日程が1ヶ月に何件も重なってしまい、付き合いの飲み会の回数が増えてしまうということがあるかと思います。

そうした飲み会の場というのは、ただ参加するだけであれば許せるというものですが、参加している以上、自分もある程度の参加費を支払わなければならない場合がほとんどです。

そして、30代になるともう新人という立場ではないので、次第に飲み会での金額の割り振りも高くなっていくので、行ったからには、目一杯飲んで食べて、せめて元を取ってやろうとする方も多いと思いますが、この飲み会のペースでこれをやってしまうと、かなりの頻度で食べ過ぎ状態が起こることになってしまいます。

2、アトピーの30代男性が食べ過ぎることで起こるデメリット

そして、その食べ過ぎによる代償は、体重の増加、体型の変化のみでなく、特にアトピー性皮膚炎などの皮膚病を持っている方は、肌のかゆみや炎症としても、体への影響が出てくる場合があります。

そして、この現象は食べ過ぎた後の1日2日だけでなく、それから肌の状態が治るまで続き、もしその修復期間中にまた新しい食べ過ぎ行動をしてしまうと、修復をしているところにまた食べ過ぎによって摂取された体に必要ないものが巡ってくることとなり、アトピー性皮膚炎の症状の慢性化に繋がってしまいます。

また、30代男子というのは、何もしていなくても20代の頃と比較して基礎代謝を始め体の機能が著しく低下するので、20代の頃よりも運動をしなくなり、食事の量も増加しているという場合は、肥満や糖尿病となってしまう可能性も非常に高くなってしまうのです。

3、アトピーの30代男性が食べ過ぎを改善するためには

ここまでの内容を含めて、アトピー性皮膚炎を持っている30代男性で、普段食べ過ぎている感覚があるな・・・20代の頃と食べる量がそのままだな・・・と感じている方は、現在の状況に関わらず、すぐに対策をしていただきたいと思います。

具体的にどんな対策をするのかというと、30代になったら極端な話に聞こえるかもしれませんが、白米を摂取する必要が無くなります。

白米のエネルギーは、20代の頃までは、自分自身の体を動かすために全て使用されることができるのですが、30代となってしまうと、白米のエネルギーを全て消費することが難しくなり、食べても20代ほど全てエネルギーに還元することができないからです。

そして、そんな白米などの炭水化物を含めた食べ過ぎを防止するためには、規則正しい睡眠や、規則正しい生活リズムを体が覚えていることが必要です。

30代で働き盛りの時期なので、中には忙しくて思うように睡眠時間が取れていなかったり、夜勤があって生活リズムがどうしても不規則になってしまう・・・という場合は仕方がないとも考えられるのですが、食べ過ぎの原因がそこにある可能性も高いということを認識しておきましょう。

自分の食欲の正体、なぜ今お腹が空いているのかを理解できるようになることで、同じ空腹感を感じた際にも今は本当に食べる必要のある時なのかをただしく判断することができるようになり、それが食べ過ぎ防止に直結します。

4、アトピーの30代男性が食べ過ぎてしまった際の対処方法とは

ここまでの対策を行っても、上司や会社の誘いを断ることができず、結局飲み会に参加してしまう・・・空腹に耐えられない・・・どうしても炭水化物を食べたい・・・などの理由から、意識はしていてもついつい食べ過ぎを改善できないという方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、その場合は、飲み会に参加する際に食べ物以外のことに目標を設定する(〜〜からプライベートで使える面白い話のネタを3つ聞き出す)とか、空腹がどうしようもないときは、素焼きで何もないっていないナッツなどを間食で食べるとか。まずは目の前のことに対して明確な行動目標を立てて行動してみましょう。

もしそれでもどうしてもだめで、肌荒れの症状も悪化する一方でどうしようもない・・・という場合は、食事の後に、ぽいっと1錠アトピー改善の薬を飲んで、アトピーの症状に体の内側からアプローチしてみるという方法もあります。

どうしても今の現状を変えることが難しいけど、アトピーの症状は辛いからなんとかしたい・・・

アトピーの症状をできるだけ早く改善したい・・・

という方はお試ししても良い効果が得られるはずですよ。

この記事の内容があなたのアトピー症状や食べ過ぎの改善に、少しでもお役に立てていましたら、非常に嬉しいです。

食後の1錠でアトピーを改善するお薬の詳細はこちら