【アトピーの20代男性は食べ過ぎに注意!】食べ過ぎてしまった際のアトピー症状を改善する方法とは

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

20代男性は、何かしらの形で働かれている方が多いと思いますが、今の世の中、多くの場合職場での人間関係や会社の仕事量の多さなどによって、日々多大なストレスを感じていたり、寝ても取れないような疲労感に襲われていたりと、精神的に病んでしまうような状態で働いているという方も少なからずいらっしゃるはずです。

僕もその時期がありました。

当時は、会社からの帰り道で、死んだ方が楽なんじゃないかと思って泣きながら家に帰ったこともあります。

そんな状況って本当に辛いですよね。

そして僕はなりませんでしたが、そのような状況になった際に溜まったストレスや鬱憤を食べ物を食べることによって発散するという方がいらっしゃいます。

爆食いなどとも呼ばれていますが、特にこんな状況の中でもアトピー性皮膚炎を持っている方であれば、爆食いによってアトピーの症状が肌に発症してしまった場合、精神的な苦痛に加えて、アトピー性皮膚炎特有の炎症やかゆみによって、身体的苦痛も受けることとなってしまいます。

今回は、そんな20代男性の食べ過ぎによるアトピー性皮膚炎の対処方法についてお伝えしていきます。

1、20代男性のストレスと食べ過ぎ

20代男性というのは、新しい環境、新しい人間関係、初めての就職・・・とストレスを感じるところが非常にたくさんあります。

その中で、もしあなたがアトピー性皮膚炎を持っていて、その日々溜まったストレスを『食べること』によって発散するという場合には、注意が必要です。

まず、人のストレスというのは自分が感じる精神的苦痛を外に出すことなく、自分の中にしまってしまうことで溜まっていきます。

いうなれば、心にずっと刺激を与え続けて、その全てのダメージを吸収して心の中に溜め込んでしまう状態です。

こうなってしまうと、心がどんどんダメージを受けていくこととなってしまうので、心に余裕を持つなんてことも徐々に難しくなっていき、最終的には自分の心、気持ちなのに、自分の本当に思っていることを選択することができなくなる、正常で的確な判断ができなくなってしまうということなのです。

この状態になってしまうと、ストレスを発散する際にはもう心も許容量の限界となってしまっている可能性が高いので、食べ物を食べようという食欲に対して、いたって単純にそしてリミッターをかけずにその意識を解放してしまうことで、爆食いや食べ過ぎと言われる、食べるとこによってストレスを発散する形になってしまうです。

そして、一度ストレスを食欲を解放することによって発散した場合には、その時の記憶を脳が覚えているので、次にストレスがピークに達した時も、その食欲を解放するやり方でストレスを発散しようとしてしまうようになります。

2、アトピーの20代男性が注意すべきストレス発散方法

僕は、ストレスがピークに達していたなと感じた時は、何もせず、自分の好きなことをしたり、見たりを1ヶ月ほど続けていたこともありました。

もちろん会社員として働きながら、家に帰ってきてからの時間はストレスが一切なく、久しぶりの何も考えなくてもいい時間だったので、僕はこの時間によって、働きながらでも溜まったストレスをうまく発散というか、消化できたのかなと思っています。

他にも、あなたにはあなたの好きなこと、やっていて楽しいことがるかと思います。もしない場合にはひたすら寝るとかでも構いませんので、ストレスがピークに達して正常な思考ができなくなる前に、ストレスが溜まったらどこで何をするかを考えておきましょう。

3、アトピーの20代男性が知っておくべき食べ過ぎのデメリット

そして、これまでもしくはこれから先も、20代で食べ過ぎの状態になる機会がもしかしたらどうしても避けることができずにあるかなと思いますので、ここで食べ過ぎることのデメリットを確認しておきます。

ストレスが原因となって、食欲のタガが外れてしまう場合、その時に無理やり体の中に入れてしまったものの影響を体がもろに受けて処理しようとしてしまいますので、その食事の中にアトピー性皮膚炎の症状に対して好ましくないものが入っていた場合には、そのような体にとって本来必要のないものなどをすぐに皮膚を通して体の外に出そうとしてしまいます。

この症状こそが本来のアトピー性皮膚炎の現象そのものであり、同時に爆食いをした際のデメリットにもなってしまいます。

この症状は、体の中に入れたものがなくなるまで待たなければいけないので、一度でもたくさん体の中に入れてしまうと、そのあとの症状で身体的な苦痛を受けてしまうことになります。

4、食べ過ぎた時の20代男性のアトピー改善の為にするべきこととは

このようにもし20代の男性が、アトピー改善のために体に悪いものを極力入れないようにしているというときでも、会社の上司から飲み会に誘われて断ることができなかったりと、様々な理由で、体の中に必要のない、アトピー性皮膚炎の症状の原因となってしまうものを摂取する形となってしまうことがあります。

このように時々でも普段取らないようなものを普段取らない量、体の中に入れてしまうと、その後数日間、体に必要ないものを何も食べない生活を送ったとしても、一度体の中に入ったものを数日間かけて体の外に出そうとして、それが皮膚からの排出となった場合にアトピー性皮膚炎の症状となってしまうのです。

これは、例えば1週間に1回だけ好きなものを食べまくる・・・といったことをするだけで、ほぼ毎日体の中に必要のないものが残ってしまうということなのです。

もちろん質の高い食事を取るのであれば問題ないのですが、そういった食事はお金がかかりますし、家族がいる方はなおさらそんなことはしにくいですよね。

そのような方は、1週間のご褒美を無くしてストレスをためてしまう方が体に悪い場合もありますので、食事以外でこの状況を解決できることとして、食後にアトピー性皮膚炎の改善のために作られたお薬を1錠飲んで、体の中からアトピーや肌にアプローチしてみるのも1つの選択肢として良いかと思います。

好きな食事を我慢しなくても、食後に1錠飲むことを継続すると効果は出てきますので、ご自分の状況を考えた上で検討していきましょう。

この記事の内容があなたのアトピーや食べ過ぎの改善に少しでも役に立てていましたら、非常に嬉しいです。

食後の1錠でアトピーを改善するお薬の詳細はこちら