【口の周りの肌荒れを改善!】アトピー性皮膚炎が原因となる症状の対処方法

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

口の周りというのは肌の問題と言われた時に気にすることはあまりありませんが、顔の部位でいうと1、2を争うくらいに皮膚が薄い場所なんです。

ニキビや肌荒れなどの症状が、口の周りの集中しやすいのも、不要物を排出する際に皮膚の厚さがないからであると考えられます。

あなたは、一般的な肌荒れ、もしくはアトピー性皮膚炎の症状が口の周りの発生したことはありますか?

今回は、一般的な肌荒れ症状とアトピー性皮膚炎の症状が口の周りに発生することについて説明していきます。

1、口の周りにアトピー性皮膚炎の症状が発生する原因

まず、一般的な肌荒れとアトピー性皮膚炎のどちらの症状が発生するにしても、口の周りに肌荒れや症状が発生してしまうことには共通して原因となっていることがあります。

1つ目は、先ほども説明した皮膚が薄い場所があるということです。

口の周りやまぶたなどは、顔の中で皮膚が薄い場所と言われています。

皮膚が薄いということはそれだけ外部からの刺激を受けやすいということなので、口の周りが乾燥してしまったりすると、それが原因となって発生するかゆみがしばらくの間継続することとなってしまいます。

2つ目は、食事による汚れがつくことです。

口の周りに食べ物を食べた際の食べかすや飲み物の水滴などが残った状態が長時間続くと、口の周りがかゆいという現象が発生する原因となります。

そしてそのかゆみは、食べかすや水滴などを取り除いた後もある程度続くことになるので、食後もしくは食中でも口の周りに何かが付着している感覚があった際には、できるだけこまめに拭き取るようにしましょう。

3つ目は、ついつい手が触れやすい場所であることです。

口の周りというのは、何かの拍子に触ってしまったり、つい癖で何かをする時に意識していなくても触ってしまっているときがあるという方も多いのではないかと思います。

この頻繁に触れるという行為自体が、皮膚の炎症やアトピー性皮膚炎の症状を引き起こす原因にもなりますので、もし症状がひどい場合にはこれらにも注意してみる必要があるかもしれません。

アトピー性皮膚炎の症状が口の周りに発生する原因は主に上記3つのような原因が考えられます。

2、口の周りにアトピー性皮膚炎の症状が発生しないようにする方法

では、実際に口の周りにアトピー性皮膚炎の症状が出ないようにするためには、どのような行動をすれば良いのでしょうか。

口の周りというのは、場所の特性上、食べ物などの汚れがついてしまうことは避けることができないので、しっかりその都度拭き取るようにすることはもちろんですが、まずは食べかすや水滴をつけたまま忘れてしまうような汚い食べ方を改善するようにしましょう。

そして、もう一つは食事をとる場合に、いつどこで何を食べたかを明確にできるように食べたものを写真に残して置いたりすること、そして、皮膚についたり、体に入れた際にアトピー性皮膚炎の症状が悪化するようなものは、そもそも極力摂取を控えることが挙げられます。

いつ何をどこで食べたのかを、写真にだけでも残して記録していくことで、もし肌の症状が劇的に悪化したときなどがあった際に、過去に遡って原因となった食べ物を探すといったこともできるようになります。

食べ物については、食生活のお話になってしまうのですが、砂糖や添加物をはじめとした人工物の入ったものは極力食べないようにしています。

また、口の周りの現在の状況が乾燥しているという場合は、口の周りを清潔な状態にしたあとでその部分に保湿ケアを行うという対策もあります。

実際に行う際には、不清潔な肌の上から保湿をするということも効果が薄くなってしまう他、逆に症状を悪化させてしまう可能性が非常に高いので、必ず口の周りを清潔な状態にしてから行うようにしましょう。

この方法を継続するだけで実際にアトピー性皮膚炎の改善効果を実感している事例もありますので、現場行っていないことがありましたら、1つの手段として参考にしてみてください。

3、口の周りにアトピー性皮膚炎の症状が発生してしまった時の対処方法

そしてもし、すでに口の周りにアトピー性皮膚炎の症状が出てしまっており、かゆみも発生しているという場合は、その症状が口の周りの皮膚の乾燥が原因となっているのか、アトピー性皮膚炎の症状が原因となっているのかを、まずご自身で確認しましょう。

その上で、上記のような対策をしてもなかなか効果が得られず、口の周りのアトピー性皮膚炎の症状が悪化する一方だという場合や、口の周りの乾燥が原因となっていると思われるかゆみがひどく、できるだけ早く効果を実感するように対策をしたい・・・という方には、食後の1錠摂取するだけでアトピー性皮膚炎の症状が改善されるお薬をオススメします。

食後の1錠でアトピー性皮膚炎や肌荒れを改善するお薬の詳細はこちら