見ていて辛い小学生のアトピー性皮膚炎、かゆみの対処・改善方法とは

1、小学生のアトピー性皮膚炎は見ていられない!

こんにちは。肌スキ編集長のタクミです。

小学生のお子さんがいるという方、

自分のお子さんがアトピー性皮膚炎のかゆみのせいで

肌の状態が日に日に悪化していく・・・

でも、子供なので我慢してといっても多分無理・・・

見ている自分には何もできないのか・・・

今回はそんなあなたに、

小学生のお子さんの体のかゆみの和らげ、

徐々に改善していく方法を

お伝えしたいと思います。

2、小学生のお子さんのアトピー性皮膚炎の主な症状

小学生のお子さんというのは、

遊び盛り、興味いっぱいの時期真っ盛りです。

したがって、基本的にどんな状況でも

全力で行動するので、体にも汗をかきますよね。

特にこれが夏場だと、汗で衣服がビショビショになる

なんてことも日常茶飯事です。

肌になんの問題もない小学生のお子さんであれば、

このようにして汗でビショビショになっても、

基本的に体がかゆくなることはありません。

しかし、アトピー性皮膚炎を持っている

小学生のお子さんだと、

肌が自分の汗に反応して、

かゆみを発生させてしまう可能性があります。

そして、そうなった場合、

お子さんはまだ小学生なので、

躊躇なくかゆいところはかいてしまいます。

汗が傷口にしみて見ていられない状態に

体をかく=体を傷つけているのと同じなので、

当然、皮膚が徐々にダメージを受け、

かいた後は少なからず傷ができることがほとんどです。

そして、その傷口にも汗は容赦無く流れるので、

お子さんは徐々にかゆみとともに

傷口にしみる痛みも感じるようになります。

僕も子供の頃に同じ状況だったため、

気持ちが手に取るようにわかるのです。

そして、そうなったとしてもかゆくなったら

かいてしまうのが小学生のお子さんの特徴です。

大の大人でもアトピー性皮膚炎のかゆみを

我慢するというのは非常に難しいことなのですから、

小学生のお子さんに我慢しろという方が

根本的に無理なお話なのです。

3、小学生のお子さんのアトピー性皮膚炎を安全に無理なく改善する方法

小学生のお子さんがもしアトピー性皮膚炎で

肌の状態が悪化したら、まず皮膚科を受診される

という方がほとんどなのではないかと思います。

皮膚科の先生に見てもらうことで、

確かに傷ついた肌の応急処置としては

効果があるかもしれません。

しかし、皮膚科で出された薬を飲んだり

塗り薬を塗ったりして、一時は症状が和らいだとしても、

根本的な原因を解決、もしくは対策撓う限り、

今回のような状況が繰り返し起こります。

しかも、その場合はただかゆいだけでなく、

ひどい場合は、体がかゆくて小学校の勉強に

集中することができない

夜になかなか寝付けず、寝不足になることで

肌の修復がうまく行われなかったり、

今後の発育にまでも少なからず影響を

与えかねないのです。

しかし、小学生のお子さん自らが

自分がこのままでいると

どうなってしまうのかを想像して

行動を起こすというのは少し難しいです。

本人が気づかなかったとしても

親もしくは面倒を見ているあなたが

かゆみを改善する方法を考え

対策してあげるのが

一番効果的なのです。

と言いますか、

あなたが行動を起こさなければ

お子さんの肌はかなりの確率で

悪化していくだけだと考えた方がいいです。

<まとめ>

考え、悩んだ上で

お子さんのアトピー性皮膚炎がどうしても改善できない・・・

症状が悪化するお子さんを一刻も早く楽にしてあげたい。

という方は、お子さんでも安心して使用できる『サプリメント』という

選択肢もあります。

お子さんが安心して使用できるサプリメントとは