アトピー性皮膚炎のかゆみに悩む男子中学生が、肌を気にすることがなくなる方法とは

1、男子中学生のアトピー性皮膚炎

こんにちは。肌スキ編集長のタクミです。

中学生というのは、よく体を動かす活発な時期ですよね。

特に男子は、小学生の頃と比較して

体つきもがっしりしてくるので、

多少無理があるような激しい運動もできるようになってきます。

健康な体を作るという点では

運動をすることは非常に良いことです。

しかし、激しく体を動かすということは

その分汗もかくということです。

そして、もし男子中学生のお子さんが

アトピー性皮膚炎をお持ちの場合は

運動によって出た汗が原因で肌が荒れて

それが時によって私生活にも影響を及ぼすこともあります。

今回は、そんなアトピー性皮膚炎を持った男子中学生が

どのようにして、アトピー性皮膚炎と向き合い、

どのようにすれば改善することができるのかについて

私の実体験を含めてお話していきます。

2、アトピー性皮膚炎は中学生と小学生で違いが存在する。

男子中学生は、活発な運動によって汗をかき

アトピー性皮膚炎を持っている場合はその汗によって

肌が荒れたり、かゆくなってしまったりします。

それでも、中学生が小学生と異なる点は、

ある程度、自分で物事を考えて行動することが

できるようになるので、

かゆいからと言って、小学生のように

無差別にかきむしるという頻度は多少ですが

少なくなるということです。

しかし、それでもアトピー性皮膚炎のかゆみというのは

とても我慢できるものではありませんので、

『今かいたら、後からこうなってしまうから少しだけ優しくかくようにしよう・・・』

という程度です。

この点だけで見ると、成長している中学生は多少アトピー性皮膚炎を持った

自分自身の肌について理解しているということで良い傾向にあります。

しかし、成長していく中で

小学生の時にはあまり見られず、

中学生に上がると増え出すのが

『夜更かし』です。

夜更かしは睡眠不足の原因となります。

そして睡眠不足は、肌の状態と密接に関わっているため、

そこからアトピー性皮膚炎の症状が悪化していく・・・

ということが非常に多いのです。

3、男子中学生のアトピー性皮膚炎は放って置くとどうなる?

男子中学生の『汗』と『睡眠不足』による

肌状態の悪化は、日常生活にも多大な影響を

与えます。

まず、肌状態が悪化することによってかゆみが発生します。

そして、かいた部分が炎症を起こし、

かゆみとともに痛みを伴うようになります。

しかもこのような現象は体の至る部分に発生しまうので、

このような状態になってしまうと

意識が全て、肌の『かゆみ』と『痛み』に集中してしまいます。

結果として、

・学校の授業中に集中することができず、定期テストの成績が下がってしまう。

・夜に就寝しようとしても、『かゆみ』と『痛み』のせいでなかなか寝付くことができない。

そして、寝付きが悪くなるということは、睡眠不足の原因となるので・・・

という悪循環に陥り、

今後の将来にも大きな影響を与えてしまいかねません。

さらにいうと、もし学校に心無い生徒がいたとして、

その子が肌の状態を指摘してきて、本人が嫌がり、

それが徐々にエスカレートしてくると、

アトピー性皮膚炎が原因で『いじめ』が発生してしまう

という可能性もあるのです。

このように思春期のお子さんのアトピー性というのは、

ただ単にアトピー性皮膚炎の『かゆみ』や『痛み』との

戦いではなく、

長い目で見た人生に大きな影響を与える要因にも

なりかねないのです。

ちなみに、ここまでかいてきた全ては

僕の実体験です。

僕の場合は『いじめ』というか、

肌のことについて同級生に何度も指摘され、

内心とても傷ついていました。

言っている本人たちには悪気はないのかもしれませんが、

当人が傷ついているという点では

いじめと言っても良いのかもしれません。

4、男子中学生のアトピー性皮膚炎は改善できるのか。

もし症状がまだひどくないアトピー性皮膚炎をお持ちの方は、

お子さんが中学校に進学するというタイミングで、

まずは『汗をかいた時の処理方法』と『睡眠時間』に

気をつけましょう。

これはアトピー性皮膚炎の症状が結構重いという方も

同様に試していただきたいですが、

やはり、症状がひどい場合

今の現状を解決することができるかは疑問が残ります。

そんな方に僕が必ずアドバイスしているのが

サプリメントを使用する改善方法です。

規則正しい日常生活の上にサプリメントを使用することで、

アトピー性皮膚炎自体の改善も期待できます。

アトピー改善サプリメントの詳細はこちら