【20代女性必見!】辛い便秘にはお茶が効果的?アトピー性皮膚炎のおすすめ改善方法

1、20代女性は便秘になりがち?

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです!

あなたは、便秘になったことはありますか?

そして、便秘になったことがあるときは、肌が荒れませんでしたか?

よく言われたりもすることではありますが、便秘などの腸内環境の変化は、肌の状態にも大きく関わっています。

今回は、そんな肌の状態を体の内側から蝕む原因ともなる便秘について詳しく説明するとともに、おすすめの正しい対処方法を紹介していきたいと思います。

2、アトピー性皮膚炎を持った20代女性が便秘になると肌状態が悪化する

アトピー性皮膚炎を持っていると、運動した後の汗などが原因で症状が悪化する可能性が高いので、男性ならともかく、女性なら肌の状態を気にして、運動すること自体を控えてしまう。

ということが多いのです。

しかし、この考え方自体に間違いが存在します。

確かに、激しい運動をせずに屋内にいれば、汗をかいて肌がかゆくなることはありませんし、日焼けなんかもしません。

これだけ聞くと、なら運動しないほうがいいんじゃない?

と思うかもしれませんが、人の体は運動をすることによって様々な機能が活発に動くようにできているので、運動をしなくなることによって、腸内環境が悪化していきやすくなるのです。

つまり、運動して汗をかくことよりも、それを嫌って運動を一切しないことの方がアトピー性皮膚炎の体へのデメリットが非常に大きいなのです。

3、アトピー性皮膚炎の20代女性は『肌』の改善より、『便秘』の改善を。

もしあなたが今、アトピー性皮膚炎の症状やかゆみが悪化して悩んでいて、なおかつ便秘気味やお腹が張っているなどの現状にある場合は、アトピー性皮膚炎の改善方法や対処方法を検討・実施する前に、まずはアトピー性皮膚炎の症状の原因となっている『便秘』の改善に焦点を当てて、行動していくことをおすすめします。

アトピー性皮膚炎がいくら原因不明の病気だと言っても、肌が敏感になっている状態に、便秘が重なっているとしたら、その便秘がアトピー性皮膚炎の原因となっている可能性が非常に高いのです。

便秘だけでも辛いのに、その上肌も荒れてきて、とにかくどうにかしたいというあなたの気持ちは痛いほどよくわかりますが、ことアトピー性皮膚炎においては、症状に対する治療をするよりも、根本的な症状の原因を特定してその部分を改善してあげることが、遠回りに見えて、実は一番の改善への近道なのです。

4、20代女性のアトピー性皮膚炎改善のカギは『腸内』そして『お茶』にあった?

そして、そんな便秘を改善するには、体の外ではなく、中からのアプローチが必要となってきます。

そこで、私も現在利用しているのが腸内環境を整える効果が期待できる『お茶』です。

なぜお茶なのかというと、腸内環境というのは、1日だけ何かを飲んだり、対策を実施したからと言ってすぐに症状が改善するという訳ではないので、何よりも継続して摂取することが大切だからです。

薬やその他のサプリメントなどだと、なんとなく飲むのを忘れてしまったり、飲むこと自体に嫌悪感を持ってしまうという方も中にはいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、これが『お茶』であると考えたら・・・いかがでしょうか?

そのお茶に、便秘の改善に効果的な成分が含まれていて、毎日継続して摂取するということができれば便秘並びにアトピー性皮膚炎の症状自体の改善が見込めるとしたら。

美味しい『お茶』を飲むだけで良いのだったら、継続できる気がしませんか?

僕はこれなら継続できると感じ、実際に試してみた結果、特になんのストレスや嫌悪感を感じることもなく、毎日の飲み物が便秘に効果的な成分が入っている『お茶』に変わったという事実があっただけでした。

これで今の辛い便秘の症状、そして、その便秘が原因となって発生しているアトピー性皮膚炎の症状を改善できるのだとしたら、一度試してみる価値は十分にあると思います。

 

腸内環境を整えるのに効果的な成分が入っている『お茶』の詳細はこちら