【頬にできる湿疹を改善!】アトピー性皮膚炎や肌荒れの症状への対処方法

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

顔にアトピー性皮膚炎や肌荒れの症状が発生することはありますが、湿疹や症状が発生する部位によっては注意が必要なものもあります。

あなたは、顔のどの部分に湿疹が発生していますか?

もし頬にアトピー性皮膚炎の症状のような肌荒れや湿疹が発生している場合は、もしかすると、アトピー性皮膚炎の症状であるように見えて、別の皮膚病だったりする可能性も考えられます。

今回は、顔の頬にアトピー性皮膚炎や肌荒れのような症状が発生している場合のことについて説明していきます。

1、頬にできる湿疹はアトピー性皮膚炎の症状?

アトピー性皮膚炎でも頬に症状が出る場合はありますが、主にその症状が発生しやすいのは幼少の子供などです。

もともとアトピー性皮膚炎を持っていて、大人になってから症状が頬にもでるようになったという場合は、アトピー性皮膚炎の症状や、ただの肌荒れという可能性も考えられますが、その状況と、アトピー性皮膚炎を今まで発症していないのに大人になってから突然アトピー性皮膚炎の症状に似た湿疹が頬にできるようになったという方に可能性として有り得るのが、その症状の原因がアトピー性皮膚炎やただの肌荒れではなく、「酒さ」もしくは「酒さ皮膚炎」と呼ばれる皮膚病です。

2、頬に症状が現れる原因とは

この酒さという皮膚炎は、アトピー性皮膚炎と同じように明確な原因は不明なのですが、主に精神的緊張、紫外線、温熱、寒気、飲酒、香辛料などが原因となって発生すると言われている皮膚病です。

症状は主に頬の他にも鼻や顎など顔に出ることが多く、症状自体も他の皮膚病に似たようなものが多いからか、皮膚科などに訪れても酒さと診断されない可能性もあります。

酒さは慢性の皮膚病であって完治することが難しく、放っておくと症状がどんどん悪化し、もし完治させることができるとしても数ヶ月〜数年はかかると言われています。

また、酒さの恐ろしい部分に完治したと思っても症状が忘れた頃に再び症状が再発する可能性がが挙げられます。

もし酒さの症状が発生してしまった場合は、完治の対策というより、症状が発症しない環境を作り、症状が出ないようにすることも多いです。

酒さは特に30代〜60代の方に多く見られ、この年代というのは肌の状態が変化する時期と重なりますので、もし現在の食生活やストレスなどで肌の状態が悪化気味という方は、特に気をつけて普段の生活を送るようにすることをお勧めします。

3、頬に湿疹を発生させないための対処方法

酒さが発生する原因は、主にアトピー性皮膚炎と同じようなものなので、元からアトピー性皮膚炎の症状を持っていて、その症状改善のために現在も行動されているという場合は、そのまま対策を継続していただくことがそのまま酒さの対策にもなります。

もし、アトピー性皮膚炎だけど症状を改善するための対策を自分ではまだ行なっていない・・・そもそもアトピー性皮膚炎のような皮膚病にこれまでなったことがないので勝手が全くわからないという方は、まず日常生活の中のアトピー性皮膚炎の原因となる3つのことができているかを確認して見ましょう。

1、食生活の乱れ

普段の食事の中で、中心となっているのがファストフードだったり、インスタントラーメンだったりしていませんか?
コンビニやスーパーのお惣菜などだけを食べている場合でも、多くのものに添加物や体に不必要なものが含まれています。
特にお菓子やジュースなどには砂糖を中心としたアトピー性皮膚炎や肌の症状を悪化させる原因となるものが多数含まれています。

2、睡眠時間の不足

大人になってから、忙しい毎日に押しつぶされて自分の時間を取ろうとするあまり、日々の睡眠時間を削ってしまってはいませんか?
睡眠時間の不足自体が、体の中のビタミンCが減少する原因となるほか、肌の回復にも効果のある22時〜2時の間のゴールデンタイムに就寝していない場合は、睡眠の恩恵をなかなか受けられていない可能性もあります。

3、生活環境の不衛生

普段生活している家や部屋の中が散らかりっぱなしになっていませんか?
部屋が散らかっていることでダニやホコリなどが発生しやすくなるほか、部屋の中の空気自体もよくない状態となってしまいます。
また、部屋が散らかっている時は、心の中も整理できていない時が多いと言われているため、ストレスなどを溜めすぎていないか自分自身を見ましょう。

いかがでしたか?

もし上記の3つの中でどれか1つでも自分はできていないものがあったと感じたものがあった場合は、その部分が今の肌の状態を生んだ原因となっている可能性が考えられますので、まずはその部分を普段の生活の中で改善していくようにしましょう。

そして、この3つの部分が全てできている、もしくはこの3つをできるように対策をした生活を数ヶ月継続しているのに、なかなか症状肌の症状が改善されないもしくは、今までは出ていなかった症状が発生してくるようになってしまった・・・という場合は、まだ効果が現れていないことや対策する前の段階ですでに症状を発生するほどのものを体の中に溜め込んでしまっており、好転反応によって症状として発生した可能性が考えられます。

それらの場合は、そのまま現在の対策を継続するだけでも構いませんが、症状の予防・対策の効果を向上させたり、対策の効果をできるだけ早く感じたいという方は、アトピー性皮膚炎や肌荒れの改善に効果のあるお薬を食後に1錠摂取していただくことも1つの手段として検討いただくと良いかと思います。

食後の1錠でアトピー性皮膚炎や肌荒れを改善するお薬の詳細はこちら