【10代男子のいじめを解消】アトピー性皮膚炎が原因のいじめを改善する方法

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

あなた、またはあなたのお子さんは、アトピー性皮膚炎の症状が原因で学校や身の回りでいじめられていたり、周囲から避けられていたりという状況になっていませんか。

僕もアトピー性皮膚炎の症状がひどかった10代の時期は、いじめと思うかどうかは人それぞれですが理科(科学)の授業でクラス全員で手を繋ぐという際にあからさまに嫌な態度を取られ、その後は仕方なくという感じで、お互い着ていた服の袖を伸ばしてその上から手を繋いだということがあったり、肌のことで『きもい』『汚い』『近づかないで』といったことを言われたこともありました。

口に出した人たちにとっては、なんのことはないただの言葉に過ぎないのかもしれない。

そしてもしかしたら、悪気なんて一切なくその言葉を自然に発しているという可能性も今になって思えば考えられます。

でも、言われた本人、その時でいうと僕自身がそういう言葉を言われたくないな・・・傷つくな・・・つらいな・・・と感じた段階でそれはいじめなのだと思います。

もしあなたや、あなたのお子さんがそのような状況になっているのだとしたら、一刻も早くその環境を抜け出したいですよね。

僕も同じことばかりを考えていました。

今回は、そんなアトピー性皮膚炎の症状が原因となっているいじめに対して僕のとった対策と、アトピー性皮膚炎自体を改善していく方法についてお伝えしていきます。

1、10代男子にありがちなアトピー性皮膚炎が原因で起こるいじめ

まず10代男子というのは、時期的に周りと違うもの、目立つものに対して非常に興味が大きいです。

そして、目立つものをみんなで囲んで、そのことについて盛り上がる、面白がるということが当たり前のようにあるのです。

その対象が人であり、今回の例でいうと、アトピー性皮膚炎の症状が出て肌が周りの人と比べて汚いということに対して周囲が興味を持ち始めると、本人たちに悪気はなかったとしても、それがいじめとなる可能性が十分にあります。

中には、本当に悪意のある一部の子の影響で、いじめに発展するということもありますが、どちらだったとしても自分一人の発言力でその環境を変化させることは非常に難しいですし、たとえ抵抗したとしても、その反応すらも楽しまれるだけで、かえって状況を悪化させ、いじめをエスカレートさせることにつながってしまったりします。

2、10代男子のアトピー性皮膚炎に対するいじめに僕が実際にとった対処方法

そんな、アトピー性皮膚炎の症状で肌が荒れ、周りからいじめと感じる仕打ちを受けていたころ、初めはとても傷つき、悩んでいた時期がありましたが、その後に僕が実際に対策として行なっていたこととして、まず一度、周りの言ってくるいじめだと感じる言葉を全て完全に無視。

無反応を貫きました。

そうしているうちに、10代の男子というのは反応がなくなり、興味が次の違うものに移って行ったりします。

この段階で周囲の環境に変化があれば良いのですが、僕の場合、無視無反応を続けてもなかなか状況が改善しなかったので、次にその傷つくと感じた言葉に対して肯定してみたり、思い切り反応を返したりしました。

その状況をしばらく続けると、要はお笑いのボケに対してツッコミがくる感覚のようで面白いのか、なんなのかはわかりませんが、自然に周りの環境に自分の居場所ができ始めたのです。

それからは、度々当時のような言葉が発せられることがあっても、気兼ねなく話ができる仲だからという意思疎通ができている状態で言われた言葉には不思議と嫌な感覚はなくなるようになりました。

これは、僕の場合の状況、周りの環境、僕自身の捉え方があっての結果であって、あなたにはあなたの考えや環境があると思いますので、一概にこの通りにすればうまくいくとは言えないのですが、一つの例として参考にしていただければと思います。

3、10代男子のアトピー性皮膚炎は直せるのか

上記では、僕自身のアトピー性皮膚炎の症状がひどすぎて一向に改善しなかった背景があって、周りの人間関係の対応していったのですが、そんなことをしなくても、本当にその状況を解決する方法があります。

それは、いじめの原因となっているアトピー性皮膚炎の症状自体を改善して、周りと対して変わらない肌の状態になることができれば良いということです。

アトピー性皮膚炎は、原因不明の皮膚病と言われているので、なかなか治らないというイメージを持っている方が非常に多いのですが、人によって肌の状態を悪化させている原因は必ず存在します。

それは、食事であったり、汗であったり、空気であったり、ダニであったり・・・原因は人によって様々ですが、これらのような原因となっていることを日常から意図的に排除することによって、ものの数ヶ月でアトピー性皮膚炎の症状が良くなっていくということは珍しいことではありません。

これは今回のようないじめの根本的な対策になっており、僕自身も可能であれば、こちらの改善方法をおすすめします。

あなたのアトピー性皮膚炎の症状がどの程度かにもよりますが、もし現在の肌状態を改善できる可能性があるのだとすれば、いじめの対策以前に、アトピー性皮膚炎自体の対策をしてしまった方が良いです。

4、10代男子のアトピー性皮膚炎を改善するためにやるべきこと

このように、10代男子のアトピー性皮膚炎が原因のいじめに悩んでいるという場合は、そもそもの原因であるアトピー性皮膚炎の症状を改善する行動を始めましょう。

症状がひどくてなかなか治らないかもしれない・・・という方でも、上記のような原因を日常から取り除くことで思いがけないほど効果が出る可能性もありますので、やる前から希望を捨てたりはしないようにしましょう。

もし、アトピー性皮膚炎の症状がひどく、なかなか治りにくそうだと感じる場合は、上記の環境を改善すると同時にアトピーの症状を改善するために作られているサプリメントをとる方法も考えて見ましょう。

アトピー性皮膚炎で悩んでいる子供を対象にして作られたサプリメントなので、僕の周りのアトピーに悩んでいる方にも自身を持っておすすめしていて、実際に効果が出てきています。

この記事の内容が、あなた、そしてあなたのお子さんの受けているいじめ、アトピー性皮膚炎の改善に役立てていれば、非常に嬉しいです。

 

>お子さんのアトピーを改善するためのサプリメントの詳細はこちら