【10代女子の朝食抜きは危険?】発育やアトピーの原因にもなる朝食を取らない生活習慣の改善方法

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

あなたの10代女子のお子さんは、毎朝朝食を食べてくれていますか?

毎朝の朝食というのは、人間の生活リズムを整えることや、一日の行動に必要なエネルギー、体を作る栄養などを摂取&吸収するのに最適な一日の中で一番大事な食事と言っても過言ではありません。

アトピー性皮膚炎を持っているという場合は、朝食を抜くことで体の中のアトピー性皮膚炎や肌の改善・修復に回されるはずだった栄養をその日1日体を動かすために奪われてしまっている可能性も考えられるのです。

また、女子の10代という時期は、女性としての体つきになる大事な成長家庭ですので、その際に体が栄養不足の状態だと、成長したくても成長できないということにもなってしまいかねません。

今回は、10代女子にありがちな朝食を抜く生活習慣や、それが原因となって起こる現象について説明していきます。

1、10代女子が朝食を食べなくなる理由

もしあなたのお子さんが、朝食は食べていない、朝食を食べないことが習慣になっているという場合には、その原因はあなた自身にあるかもしれません。

親のあなた自身が率先して朝食を食べていないという場合には、それを見て育つお子さんは必然的に朝食を取るという概念そのものがなくなってしまう可能性があります。

今すぐにその習慣を改め、まずあなたが毎朝朝食を食べている姿をお子さんに見せましょう。

そうして家族が朝に朝食をとっているという環境を日常とすることで、お子さんのそれにつられて朝食を食べることが日常となり、そうなれば朝食を食べないということにはならない可能性が高くなります。

他にもお子さんの日常は朝が忙しいという場合など、10代の女子が朝食を食べなくなってしまう原因というのはいくらでもありますが、特に親が原因となっている場合には、いくら周りの環境を改善し、いくら言い聞かせても、それを言い聞かせている親のあなた自身がその行動をしていなければ、説得力も何もありませんし、そんな言葉を真に受けるほどの歳でもないのです。

10代女子のお子さんが朝食を食べなくなる可能性を考えて事前に対策を打とうという場合には、まず、親の自分自身に原因はないかということを考えて見て、それから周囲の環境のことを考えていくと良いかと思います。

2、アトピーの10代女子は朝食を抜くことで症状が悪化する可能性が高い

また、アトピー性皮膚炎を持っている10代女子が朝食を抜くことを習慣としてしまっている場合、朝食を取らないことで肌の修復にしようする栄養素を他の部分の補填にしようされてしまい、なかなか症状がよくならない、症状がで続けている・・・というように、アトピー性皮膚炎の症状が悪化する根本的な原因となっている可能性も非常に高いのです。

特に、肌の状態が元から悪いという方の場合、普段の生活自体に原因があることが非常に多く、例えば10代女子であれば、普段からお菓子をかなりの量食べていて、食事の際はお腹が減っていないと言って少ししか食べず、深夜にお腹が減り、お菓子を食べるそして、お菓子がお腹に入っている状態ではたたでさえ食欲の少ない朝に、朝食なんて食べていられない・・・となってしまい、さらに肌が荒れる原因をつくてしまっていることもあったりします。

3、アトピーの10代女子が朝食を食べなくならないためにするべきこととは

アトピー性を持った10代女子が、上記のようなことになって、朝食を食べないなんて言い出さないようにするため効果的な方法としては、お子さんが食べたいと思うご飯を作るということです。限られた食材の中で満足のいく料理を作ることはなかなか主婦として難しいところではありますが、お子さんの肌のためにそこは母としての腕が試されていると思ってチャレンジしてみることも良いと思います。

また、単純に、自分の分とおこさんの分の2人分のご飯を作り、お子さんが起きてくるタイミングに合わせて一緒にご飯を食べるようにするという方法も効果的かと思います。

あとは、極力家にインスタントラーメンなどの夜食となり得るものを貯蓄しすぎている状態では、深夜にお子さんがお腹が減って自分で夜食を食べており、その影響で朝食のタイミングでお腹が全く空いていないという状態になっているという可能性もありますので、非常用に貯蓄するにしても、普段食べる用のものとは保管場所を変えるなどして、『たくさんあるから1つくらいなら食べてもいいか』とお子さんに思われないようにすることも効果的です。

こうすることによって、朝食を食べてくれるようになれば、朝食を食べることで体への負担が大幅に軽減されるだけでなく、深夜にインスタントラーメンなどの体に悪く、アトピー性皮膚炎の原因にもなっている食べ物を体に入れる機会も減らすことができます。

4、アトピーの10代女子に朝食で栄養をしっかりとってもらうためには

もし、すでにあなたのお子さんが長期間朝食をとらない状況にあったり、つい最近から朝食を取らなくなってしまったという場合には、まず行わなければいけないこととして、『なぜ朝食を食べなくなったのか』という朝食を食べなくなった『根本的な原因』を知ることがあります。

これがわかっていないと、お子さんに朝食を食べてもらうことはなかなか難しいです。

しかし、逆にここさえ性格に把握することができれば、この状況を改善する余地はあります。

まずは、いきなり聞かずに、お子さん自身が気にならない程度に、お子さんの寝る前や朝の行動を少しずつでいいので注意して観察して見ましょう。

その中にそのヒントがあったりすることも多いですので、これを行ってもちょっとわからないな・・・と思った場合には、どこかに出かけたりしてお子さんの気分が乗っていたりする状態の時にさりげなく聞いて見ましょう。

この時注意する必要があるのは、お子さんが口ごもったり、答えを言いずらそうなそぶりを見せたら、すぐに別の話題や質問に切り替える準備をしておくことです。

もしかしたら、気になる人ができて、密かにダイエットを実行しているなんてことも考えられますし、学校で何か気にするようなことを言われてなんとか自分で対処しようと頑張っているのかもしれません。

でも、お子さんの立場から考えて、たとえそのような状況だったとしても。そんなことは親になんて言いたくありませんよね。

なので、そのようなデリケートな問題があるなと少しでも感じた場合は、すぐに話題を切り替え、そのあとは変にしないようにしましょう。

しかし、そんな状況だったとしても、10代女子のお子さんの体に負担を変え続けることは極力避けたいですよね。

そういう時は、食べる朝食ではなく、飲む朝食にシフトすることも非常に効果的です。

その場合もただ飲むだけでは必要な栄養素は得られませんので、例えば飲むヨーグルトを用意して、それに栄養素が豊富に含まれている青汁の粉末をかけた上で混ぜてあげておしゃれな感じのすぐに食べられる朝食として『作って見たの。すぐ飲めるから朝食がわりによかったら
飲んでってね』とひとこと声をかけてあげると意外と興味を持って飲んで行ってくれる可能性があります。

これはお子さんの性格によって声かけ方やアプローチの仕方を変えるとなお成功率が上がると思いますが、これによって、朝に用意したものを口に入れることを習慣にすることができたら、10代女子としての健康面や、アトピー性皮膚炎の症状などが数ヶ月後には驚くほど改善しているという可能性が高くなります。

お子さんには、ほんの少しきっかけを与えてあげるだけで良いのです。

この記事があなたのお子さんの成長やアトピー性皮膚炎の改善に少しでも役立てていれば、非常に嬉しいです。

お子さんの朝食栄養摂取におすすめの青汁の詳細はこちら