【20代女性必見!】アトピー性皮膚炎は毎日お風呂に入ることが改善の近道?

こんにちは、肌好き編集長のタクミです!

仕事が終わったら疲れて家に帰ってきますよね。

毎日お疲れ様です。

でも、家に帰ってきた後に、化粧だけ落として、着替えて、そのまま寝てしまう・・・なんてことはありませんか?

アトピー性皮膚炎をお持ちの方であれば、その状況は非常に肌への影響が大きいです。

今回は、アトピー性皮膚炎の症状や肌荒れを改善するのに手軽でなおかつ効果抜群の方法をお伝えしていきます。

1、20代女性は、化粧を落とすだけでは足りない

20代の女性は、社会人になって働き始めてまだ間もないという方もいらっしゃると思います。

働き初めの時期というのは、会社の人間関係に慣れていないので、何かと気を使うことも多く見えないところで疲れが溜まっていたり、仕事も覚えきれていないことが多くありますよね。

そうして家に帰ってきた時には化粧を落とすことでさえ億劫に感じるほど疲れているなんて日もあるでしょう。

しかし、化粧だけは落とさないとまずいので、簡単になんとか化粧だけは落として、着替えるだけ着替えてそのまま寝てしまう・・・

そうしてお風呂に入ったり、シャワーを浴びたりすることを翌日の朝に先延ばしにする、またはシャワーも浴びず、お風呂にも入らずに出勤してしまうなんてことをしていると、アトピー性皮膚炎の症状や、肌荒れは間違いなく悪化していきます。

2、家に帰ってきた後、化粧を落としてそのまま寝てしまうことのデメリット

家に帰ってきて、そのまま寝てしまいたいほど疲れている状況は嫌という程わかります。

しかし、なんとか化粧を落とすことはできているのは、寝る前に化粧を落とさないと、化粧の成分が肌を通して顔の皮膚に浸透してしまったり、化粧によって塞がれている毛穴に老廃物が溜まってしまったりということがあることがわかっているからです。

それは防がないといけないという意識があるので、どんなに疲れていても、『化粧だけは』落とそうという考えになってくるのです。

その考え自体は、何も間違ってはいないのですが、化粧だけ落として、それ以外の体の汗やその他の汚れをそのままの状態で長時間の睡眠をとってしまうというのは、その時間の間は、肌に必要ないものがずっと肌に接触した状態になっているということになり、この状態はアトピー性皮膚炎を持っている私たちにとっては、非常に大きなデメリットとなります。

このことから、その考えを『シャワーやお風呂だけは』浴びないといけない・・・というものに変えて行って欲しいのです。

3、20代女性は家に帰ってきたらまず先にお風呂に入るべき

家に帰ってきた際は、どんなに疲れていたとしても、シャワーを浴びるか、お風呂に入るかを必ず行うことが、アトピー性皮膚炎の症状や肌荒れの改善に直結します。

食事や生活習慣など、このほかにもアトピー性皮膚炎の症状や肌荒れに影響を及ぼしている原因はたくさんありますが、これらは残業が重なったり、上司に誘われて断りづらかったりということもあるかと思いますので、まずは、家に帰ってから、自分でできることをするのが大切です。

アトピー性皮膚炎の症状や、肌荒れを改善するための行動は自分しかできません。

毎日意識してお風呂に入る、もしくはシャワーを浴びるようにして、清潔な肌を保ち、アトピー性皮膚炎の症状や肌荒れが起こりにくい環境を作っていくことが、改善への近道となります。

そして、僕自身はお風呂に入る際、さらに効率的にアトピー性皮膚炎や肌荒れを改善できるように、肌の炎症を抑えたり、入浴後の肌の乾燥を防いだりしてくれる効果のある入浴剤を使っています。

アトピー性皮膚炎や肌荒れの方に向けて作られたものなので、アトピー性皮膚炎を持っている方でも安心して使用することができます。

この記事があなたのアトピー性皮膚炎や肌荒れの改善に少しでも役に立てていましたら、非常に嬉しいです。

 

アトピーの症状や肌荒れの改善に効果的な入浴剤の詳細はこちら