顔にアトピー性皮膚炎の症状が出た時の正しい対処方法とは?

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです。

あなたは、アトピー性皮膚炎の症状が顔に現れたことはありますか?

僕はアトピー性皮膚炎の症状が顔に出たことがあるのですが、顔というのは体の他の部位と対処方法が異なる場合がほとんどです。

故に、体に症状が出た際に行なっている方法を顔に対して行なってしまうと、逆に症状を悪化させてしまう可能性があります。

今回は、そんなアトピー性皮膚炎の症状が顔に出てしまった際の正しい対処方法を紹介します。

1、顔に出る、アトピー性皮膚炎の原因

まず、アトピー性皮膚炎の症状が顔に出る原因を正しく知りましょう。

アトピー性皮膚炎の症状が顔に出るのは、主に肌の乾燥や食生活の乱れ、ストレスによるものです。

よって、アトピー性皮膚炎の症状が顔に出るという方は、大人の方が多いのです。

また、アトピー性皮膚炎の症状が首から上に出る場合は、症状が治りにくいとも言われています。

不安に思われるかもしれませんが、原因と現状を正しく理解することが解決の第一歩ですので、あなたは今すでに綺麗な肌に向かって最初の一歩を踏み出したことになります。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

2、アトピー性皮膚炎の原因=『肌の乾燥』の正しい対処方法

肌の乾燥の原因は、主に皮脂分泌が原因となっています。

大人のアトピー性皮膚炎は、この皮脂の分泌と肌の乾燥が原因ことが多いです。

肌の乾燥が原因の全てというわけではありませんが、

顔や首などは特に乾燥や皮脂の状態変化に敏感です。

もしあなたが、皮脂の分泌量が多く、その割に肌が乾燥しているという場合は、

皮脂分泌が乾燥の根本的な現委員となっている可能性も大きいので、

まずは顔の皮脂を『油取り紙』などを使用してこまめに取り除き、

顔が乾燥しない状態を作るようにしましょう。

3、アトピー性皮膚炎の原因=『食生活の乱れ』の正しい対処方法

アトピー性皮膚炎の原因となっている摂取物は、主に『油』『砂糖』『添加物』などです。

人の体が炎症を起こす際には、大抵体の中から何かを肌を通して排出しようとしている時です。

なので、そもそも体に必要ない上記の物を摂取しないようにすれば、必然的に肌からそれらを排出しようとする現象も必要なくなり、結果として炎症が起きなくなって肌が綺麗になっていきます。

しかし、アトピー性皮膚炎の治り方は人それぞれで、必ずしも1つの対処方法を実践してアトピー性皮膚炎が完治は、残念ながら中々ないです。

僕自身も、病院で治療を受けたり、塗り薬を処方していただいたりと、長年の積み重ねがあった上で食事の改善をしたことによって、現在の完治に近い状態まで一気にたどり着くことができています。

症状が比較的軽い方であれば、食事改善だけでも十分完治に近い状態まで持っていくこともできるかと思いますが、症状が重い人は食事改善も完治までの手段の一つなのだと考えていただき、

たとえ食事改善をした結果としてすぐに結果が出なかったとしても、食事改善を断念するのではなく継続していかれることを強くオススメします。

4、アトピー性皮膚炎の原因=『ストレス』の正しい対処方法

最後に、ストレスについてです。

アトピー性皮膚炎の悪化に関わるストレスの悪いところは、

もちろんストレス自体が原因で肌に症状が出てもありますが、

もっともありがちなのが、『暴飲暴食』『寝不足』『不規則な生活』などの

ストレスを解消するための行動によって、体に負担をかけてしまうことです。

これは、ストレス解消方法が人によって異なりますので、一概にこれがいいとは言えないのですが、

解消することに走るのではなく、ストレスを上書きできるような物を見つけることが大事だと思います。

ストレスを解消することを目的に行動すると、結局せっかくの休日なども仕事のことを考えていることになりますので、

何か自分が大好きで、ずっとやっていても全く苦痛ではなく、没頭できる物を探すしてみることをおすすめします。

5、まとめ

今回は、アトピー性皮膚炎の症状が顔に出た時の対処方法について記事を書かせていただきましたが、

このようにアトピー性皮膚炎の原因は何気ない日常に潜んでいる場合が多くあります。

アトピー性皮膚炎の症状が出ている時に化粧水やその他の商品に手を出すことがダメとは言いませんが、

ご自身の感覚でいいので、ある程度肌の状態が落ち着くまでは主に日々の生活改善を行われることをおすすめします。

顔や首に出た症状はすぐには治りませんので、極力化粧の使用などを控えて、症状がある程度改善するまで辛抱するようにしましょう。