アトピー性皮膚炎を持った赤ちゃんへの、正しいケアの方法

こんにちは。肌スキ編集長のタクミです。

今回は、まだ生まれて数ヶ月、数年という赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の正しい対処方法について簡潔にわかりやすく説明していきます。

1、赤ちゃんでもアトピー性皮膚炎になり得る

まず、こちらの記事でも紹介していますが、

肌スキ|アトピー性皮膚炎は親から子に遺伝する?

アトピー性皮膚炎というのは、両親のどちらか片方、もしくは両方がアトピー体質を持っていると、生まれてくる子供さんにそのアトピー体質が遺伝する可能性が30〜50%の確率であります。

日本では、人口の約1割の方がこのアトピー体質を持っているといいますので、そんなに珍しいというわけでもないですし、両親共にアトピー体質を持っていなかったとしても子供がアトピー体質になってしまうケースもあります。

なぜこんなことが起きるのかというと、ただ単に環境や食べ物などなんらかの原因で体がその何かに反応してしまうようになってしまったか、もしくは、両親がアトピー体質は持っているけど、発症していなかっただけという可能性も十分に考えられるからです。

2、アトピー性皮膚炎を持った赤ちゃんへの、正しいケアの方法

それでは、この珍しくない確率で生まれてくるアトピー体質を持った赤ちゃんを、できればアトピーを発症させないようにするにはどうすれば良いのか・・・

それは、なんらかの良くない外的要因が存在する環境に赤ちゃんを置いて置くのではなく、環境を整えた上で、発症する前の段階から赤ちゃんの肌のケアをしてあげることが効果的です。

この赤ちゃんの肌のケアを事前に行うことができる私のおすすめ商品がこちらの「ファムズベビー」です。

 

ファムズベビー
赤ちゃんの肌トラブルにはバリアで全身保湿

新生児に出生直後から毎日保湿剤を塗ると、
約8カ月後のアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下したとの研究成果を、
国立成育医療研究センターがまとめ、10月1日発表しました。
保湿力・持続力・保護力に優れた『ファムズベビー』は
赤ちゃんの肌トラブルを未然に防ぎ、洗い落ちしない“ビフォアケア”という
新しいコンセプト製品

『ファムズベビー』は単に皮膚の上に油膜を作るのではなく
成分が角質層に浸透して、バリア(保護膜)をつくり、
保湿力は体感したことがないほど長時間保湿が持続します。

その効果はまさに肌トラブルの救世主として、全身の肌トラブルを解決

●全身使えて簡単便利
・頭皮
・ほっぺ
・首まわり
・わき
・背中
・ひじの内側
・おしり
・ひざのうら
全身のお肌トラブルにお使いいただけます。
●赤ちゃんからお年寄りまで、家族皆で使える
●たった3秒のケアで、効果が8時間つづく

◆セールスポイント◆
●年間130万本を売り上げた
赤ちゃんのためのスキンケア『ディクトンベビー』を
さらに品質を高めた後継商品です。

こんなお子さんの悩みを抱えているママに!
●アトピー性皮膚炎
●アレルギー体質
●乳児性湿疹
●食べこぼしやよだれによる肌あれ
●オムツかぶれやムレによる肌あれ

もちろん赤ちゃんだけではなくママにも!
●産後の体質(ホルモンバランス)変化による肌トラブル
●水仕事による手あれ
●乾燥による肌あれ

容量 85g
評価 [star5]
価格 2,592円(税込)

 

もちろんこの商品を使用しても、環周りの環境や食事などの外的要因が原因で発症してしまうという可能性はありますが、発症の「予防ができるという点では非常に優れたものですので、私からおすすめさせていただいております。

自分がアトピー体質だから子供にもアトピー体質が遺伝してしまっているかもしれない・・・
自分のしたようなアトピー性皮膚炎の辛い思いを我が子にさせたくない・・・

という方は、ぜひ一度使ってみてくださいね。

一本で全身使える!
『ファムズベビー』
の詳細はこちら