アトピー性皮膚炎はストレスが原因で悪化することがある?

こんばんは。肌スキ・編集長のタクミです。

今回は、日頃のストレスがご自身で持っているアトピー性皮膚炎の症状の悪化に影響しているのかを考えていきたいと思います。

1、多くのの原因ストレスから始まる

この現在社会で働いている人の多くは、会社での仕事出会ったり、周囲との人間関係であったりと、様々な理由から日々ストレスを受けています。

人間一人一人違うので、生きていく上では多少のストレスがあるのは当たり前なのです、現在の社会環境ではお給料を得て生活していくために、ストレスを感じて生きていくことが当たり前というような感じになっています。

このような環境の中で生活をしているのですから、異常にストレスが溜まってしまっても仕方がないのかなとも思ってしまいます。

しかし、このストレス。

気持ちでであればまだいい方で、これが本人の許容量を超えてくると、体にも影響がで始めてしまいます。

その結果、次の日に仕事に行きたくないからと夜遅くまで寝付けず、

寝不足となって会社ではパフォーマンスが落ちてまた上司に叱られストレスが溜まり、

この悪循環の中で肌もいつのまにかダメージを蓄積させてしまい、肌荒れの原因となっていくのです。

2、ストレスを貯めない方法

ストレスは、発散するか、ストレス自体を受けない環境にするかのどちらかしか解決する方法はありません。

なので、発散するのであれば、自分の趣味などに休日や自由に使える時間を費やして、楽しい時間を過ごすことでストレスを自然に発散させたり、

環境自体を変えるのであれば、上司に辛いということをし正直に伝えてみるというのも1つの手ではあると思います。

それでもダメな場合は、話しやすい人やカウンセラーの方に電話でもいいので、思い切って今の現状を相談してみることをお勧めします。

3、まとめ

今回は、ストレスが元凶となって肌荒れが起こっている可能性について書きました。

ご自身では実感がないかもしれませんが、肌荒れの原因が元を辿っていくとストレスだったという方が結構いらっしゃいます。

まずは自分の置かれている状況を遠目から分析してみて、肌荒れという枠の外に原因はないかと探してみるのも、アトピー性皮膚炎の肌荒れを改善する方法の一つだと思います。