アトピー性皮膚炎は、洗剤・シャンプーを変えれば良くなる?

こんにちは。肌スキ・編集長のタクミです。

今回は、私たちが日常的に洗剤が実はアトピーせい皮膚炎に影響を与えているのではないか・・・ということについて書いて行きます。

1、洗剤にもアトピー性皮膚炎は反応する?

まず、アトピー性皮膚炎と言っても反応するものは人それぞれですので、この洗剤が悪いと言っても一概に全ての人に反応が出る訳ではありませんが、

洗剤というのは、一日中服を通して肌に接していることになるので、その洗剤に肌に良くない成分が含まれているということは、アトピー性皮膚炎の反応の原因となっている可能性も高いと考えられます。

まず、洗剤の中で一番注意しなければいけないのは、合成洗剤というものです。

洗剤やシャンプーなど、人と関わりのある洗浄剤には、石鹸と合成洗剤の2種類が存在し、

石鹸が天然物などを主に使用しているもの、合成洗剤が石油などの化学物質を使用しているものとなっています。

ここまででもわかるように肌のことを考えて洗剤を使用する際は、使用しているものが石鹸なのか合成洗剤なのかを判断して、合成洗剤は使用しないようにすることが重要です。

2、アトピー性皮膚炎でも反応しない洗剤とその見分け方は?

では、実際に現在使用している洗剤やシャンプーの原材料を確認するとして、どこを見れば石鹸か合成洗剤なのかを判断することができるのでしょうか。

その答えは、製品の「品名表示」を見れば一目瞭然でわかります。

製品の品名表示欄に「洗濯用石けん」「台所用石けん」など「石けん」という文字が入っているものは石鹸。

「洗濯用合成洗剤」「台所用合成洗剤」など「合成洗剤」という文字が入っているものが合成洗剤です。

いかがでしょうか。
あなたが今使用されている洗剤やそのた洗浄に使用しているものの中に、合成洗剤は含まれていませんでしたか?

もしあなたが肌の問題で悩んでいて、合成洗剤を使用していた場合は、洗剤の残りの量などは気にせず、できるだけ早く石けん表示のものに買い換えることをおすすめします。

今までアトピー性皮膚炎の症状が改善されなかったという方も、もしかすると洗剤が原因という可能性が十分にありえますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。