アトピー性皮膚炎の人はビタミンCが不足しがち?ビタミンCを効率的に摂取する方法を紹介

こんにちは、肌スキ編集長のタクミです!

今回は、アトピー性皮膚炎の人が陥りがちな、ビタミンCの問題について説明します。

1、アトピー性皮膚炎の人はビタミンCが不足しがち?

アトピー性皮膚炎の方に肌の炎症はつきものですが、

その炎症を起こした肌を修復する際には、体内のビタミンCが消費されています。

正確にいうと、肌の炎症を抑えるために活性酸素というものが利用されるのですが、

この活性酸素は自身の体も傷つけてしまうため、

活性酸素から体を守るバリアの役割としてビタミンCが利用されているのです。

2、アトピー性皮膚炎の人にビタミンCが必要とされる理由

アトピー性皮膚炎の方は、一般の方と比較して肌の修復が必要な機会が非常に多い上に、

食生活に問題があってアトピー性皮膚炎になっている方もたくさんいらっしゃいますので、

ビタミンCの消費量は多いのに、供給量が少ない

というのが、一般の人にアトピー性皮膚炎の人にビタミンCが必要とされる理由なのです。

3、アトピー性皮膚炎の人がビタミンCを摂取する時の注意点

しかし、だからと言って闇雲にビタミンCを摂取すればいいということではありません。

ビタミンCを摂取しなければいけないと思うと、サプリメントを飲んだりということをしてしまう方がいらっしゃいます。

ビタミンCのみを摂取するという目的だけにサプリメントを場合は、

そのまま使用していただいて全く問題ないのですが、

例えば、複数のサプリメントを併用されている方などは、

他のサプリメントにすでにビタミンCが一定量含まれている可能性がありますので、

そこにビタミンCを上乗せする行為は危険です。

ビタミンCの大量摂取は、確かに一時的な効果は非常に高く、肌の状態が改善したと思い込んでしまう方がいらっしゃいますが、

ビタミンCの大量摂取効果は、しばらくすると消えて元の症状が再び出てきてしまいます。

そして、またビタミンCを大量に摂取してと繰り返して、改善と悪化を繰り返すうちに、

根本的な解決担っていないが故に、症状が最初よりもひどくなってしまう可能性があるのです。

普段からサプリメントなどを摂取されている方は、配合成分を確認していただき、

もしビタミンCが多く配合されている場合は、すでにビタミンCをある程度摂取できている状態にあると考えられますので、

その場合は他の要因も考えられ、肌の症状がビタミンCの摂取では改善されない可能性があります。

4、ビタミンCの摂取におすすめの方法

私たち現代人は、防腐剤などとしてビタミンCが添加されている市販品を、日常的に食べていますので、

全くビタミンCを取っていないという方でも実は少しずつビタミンCを摂取していたりします。

それに加えて、ビタミンCを摂取するのに良い方法は、野菜を食べることです。

野菜を食べる際は、ビタミンCの過剰摂取などを考える必要はありませんが、

そもそも、野菜だけを延々と大量に食べるという方もなかなかいらっしゃらないと思いますので、

普段から野菜を食べることを習慣にすることで、ビタミンCが極度に不足するという状態を防ぐことができます。

その他には、上記でも事例にあげたサプリメントでびたみんCを摂取する方法、そしてビタミンC誘導体が含まれている美容液などで体の外側からもアプローチをしてあげる方法が効率的かと思います。

しかしこれは、人によって効果に個人差がありますし、

サプリメントはちょっと・・・という方や、

肌が荒れていて、美容液どころではない・・・という方は、

市販品を無理に使用すると、逆に症状が悪化してしまう可能性もありますので、

無理して使用しなくても全く問題ありません。

効率的に症状を改善したい、すぐにでもこの辛い状況から抜け出したいという方は、

ぜひ1つの手段として、参考にしていただければと思います。

肌スキ編集部厳選・ビタミンCの摂取におすすめのサプリメントと美容液

サプリメント(ビタミンと水素でアプローチ)
ヘルシアーナ水素の詳細はこちら

美容液(ビタミンC誘導体配合)
APP-Cフラセラムの詳細はこちら