アトピー性皮膚炎に、ステロイドは本当に使用するべきなのか

こんにちは。肌スキ・編集長のタクミです!

1、ステロイドってなに?

ステロイドとは、主にアトピー性皮膚炎の治療に用いられる薬品で、炎症やアレルギー反応を抑える効果があります。

炎症を抑えるという点では、アトピー性皮膚炎以外でも様々な使用用途があるため、多種多様な場面で使用される薬品でもあります。

2、アトピー性皮膚炎にステロイドは使うべきなのか

現在は、脱ステロイドと呼ばれアトピー性皮膚炎の治療にステロイドを使用しない方法をとる方も増えてきています。

これは、ステロイドに炎症とかゆみを抑えるという便利な機能があるだけでなく、それ道央の副作用があることに起因しています。

この理由もあって、病院で医師に診断をしてもらった後に、治療でステロイドを使用すると言われると、嫌に思う方が多くなっているそうです。

しかし、ステロイドの副作用は、ステロイドの使用方法をしっかり守っていれば安全に使用することができるので、

まずは何事においても基礎知識を得ることが非常に重要です。

3、まとめ

ステロイドを長期間に渡って使用し続けると、副作用として「リバウンド」というものが起こったりもします。

このリバウンドとは、長期間のステロイドの使用で体がステロイドがあることを当たり前だと認識するようになってしまい、ステロイドの使用をやめた直後に炎症が起こったり、感染症にかかってしまったりといったことがあります。

さらに、ステロイドの使用期間中も、ステロイドの効果によって体の免疫力が低下します。

特にアトピー性皮膚炎を持っている私たちは、元から肌のバリアしたいが弱い傾向にあるので、ステロイドの副作用の影響を強く受けてしまい、悪くなるとステロイドの使用期間中に感染症にかかってしまったりといった可能性も十分に考えられます。

このようにステロイドには非常に便利な点と、大きめのリスクとが存在するということとがあり、さらにその先は人それぞれの体質によって体がどう反応するのかもわからないので、一概にステロイドを使用するのが良いか悪いかの判断はできません。

私の意見を言わせていただけるのであれば、短期間のみで目的を絞ってステロイドを使用するのであれば、副作用も最小限に抑えることもできると思うので、あとはご自身の許容できる範囲で使用するのかを判断していただければ、それで良いのではないかと思います。