アトピー性皮膚炎だけど、どうしても脱ステロイドを行いたい方へ

こんにちは。肌スキ・編集長のタクミです。

今回は、アトピー性皮膚炎になって、皮膚科や病院を訪れると処方される可能性が高いステロイドを、今後の体への影響を考えて使用したくないという方に向けて、私の目線から脱ステロイドに関する意見を書いていきたいと思います。

1、大抵はステロイドを処方される

アトピー性皮膚炎を持っている大抵の方がそうだと思いますが、皮膚科に行って先生に診察してもらったあとに処方箋としてステロイド薬をもらったことがあると思います。

先生もこのステロイド薬をなんとなくで出しているわけではなく、実際にアトピー性皮膚炎の症状であるかゆみを一時的に抑えて、肌を自分自身で傷つけることがないようにして、それが結果的に肌の状態改善に繋がるということで、処方されています。

しかし、私も含めて多くの人がそんなステロイドを使用したがらないのは、ステロイドの副作用に、免疫力の低下や使用をやめた際に肌が炎症を起こし出すというものがあるからです。

2、ステロイドの代わりになるものはあるか、もしくは、ステロイドがなくても大丈夫か

私は、このような副作用の面も含めて、個人的にはステロイドを極力使用したくはないと思っています。

他の記事でも書いていますが、私の通っていた皮膚科というのが処方箋の塗り薬は全てその病院の先生が研究を重ねて配合したもので、ステロイドは全く使用しない方針だったということもあります。

このことから私からのアドバイスとしては、ステロイドを使用するのが嫌な場合は、ご自身にとってステロイドの代わりになるものをみつけるか、もしくは、ステロイドを使用しなくても肌のかゆみはなんとはかなるということを先生にお伝えすることが一番かなと思います。

3、まとめ

記事の始めでも書きましたが、先生も様々な情報や現状を鑑みてステロイドを処方していると思いますので、

ご自身の意見だけを押し通すのではなく、自分の考えを先生にしっかりと伝えた上で、先生のお話やリスクなどのお話もしっかり聞くようにしましょう。